未分類

腰痛と足の痺れに関係はあるの?腰痛マットレスと一緒に使いたい改善策

皆さんは足が痺れていることはありませんか。
足にうまく力が入らない、痺れで足の感覚が鈍くなっている、立ち仕事が続くと痺れ出してくる。
このような症状の原因が、実は腰にあるという場合があります。

腰痛と足の痺れの関係について

足が痺れる原因とは、神経が圧迫されているからです。
足で感じる様々な感覚は、坐骨神経という長い神経を伝わり脳へと向かいます。
坐骨神経は、腰にある骨盤の穴を通っているのですが、問題はココですね。

この骨盤が歪んだりすることで神経を圧迫することがあるのです。
すると、足の感覚がうまく脳に伝わらなくなり、痺れという状態になるのですよ。
この症状を坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛の原因箇所

坐骨神経痛と一言で表しても、実は原因となる箇所がいくつか存在しています。

梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉に挟まれてしまう、梨状筋症候群。
坐骨神経痛の9割以上の原因がこの梨状筋症候群とも言われていますよ。

背骨の腰部分を構成している脊椎がズレたり変形することで、普通なら触ることの無い神経を圧迫することもありますね。
変形性脊椎症や腰椎すべり症のことです。

さらに腰椎と腰椎の間に挟まっている軟骨が飛び出してしまう椎間板ヘルニアも、神経を圧迫して痺れや痛みの原因になりますよ。

過労からくる痺れ

働き過ぎの過労状態からも、足の痺れは引き起こされます。
人間の身体は歩くだけでも筋肉繊維が断裂しています。
もちろん眠って休んでいる間に修復されて強くなっていきますよ。

しかし、筋肉修復に必要な栄養を取らなかったり、眠らない休まないを続ける事で、傷んでしまった筋肉を修復することが出来ないのです。
筋肉繊維が断裂して修復されない状態が続くと、炎症を起こして痛みとして表れます。

この状態で休めば、まだ取り返しはつきます。
しかし、痛みを我慢して働き続けることで次第に痛みが痺れに変わっていきます。
痺れた状態でも無視して働き続けると、麻痺状態に陥るのですね。

痺れを軽く見てはいけない

前述のように痛みが出ても休まない人はたくさんいます。
そんな人達は、仕事を優先する為に痛み止めを使ってまで仕事をします。
痛みを通り越して、痺れに変わると「痛くないからマシ。」と思ってしまうのでしょう。

痺れとは神経の伝達がうまくいっていない証拠です。
痺れが悪化して麻痺状態になると最悪ですね。
麻痺状態は、痛みを感じません。

仕事に追い込まれて精神的におかしくなっている人は、麻痺状態になるとラッキーとしか思わないでしょう。
それまで痛み止めを使って、強制的に麻痺状態にしていたのをしなくてよくなったのですから。

しかし痛みや痺れとは、身体が出している警告です。
身体に不具合が生じているので、このままだと危険だと報せているのですよ。

痛みを感じないということは、交通事故にあっても平気に感じるのです。
血が大量に出ていたり、内蔵が飛び出していても痛みを感じない。
そして痛みを感じないまま、いつの間にか命を落とす可能性もあるのです。

腰痛改善マットレスで治療をすることが効果的

腰痛マットレスは、普段の生活からくる腰痛や足の痺れに有効な可能性があります。
また、働き過ぎな過労状態にも有効と言えますよ。

過労状態になるまで追い詰められているということは、精神的にもおかしくなっている可能性が大ですね。
それは質の悪い睡眠が原因の時もあります。

腰痛改善マットレスの多くは、睡眠の質を上げてくれる効果があります。
自律神経の乱れを治すには、質の良い睡眠が必要ですよ。

また骨盤の歪みも腰痛改善マットレスで解消することは可能です。
当サイトで紹介している腰痛改善マットレスの記事を参考にして、試してみてはいかがでしょうか。