Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/codata2012.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

腰痛持ちの人はボンネルコイルマットレスを使っちゃダメ?

身体が健康な時は、寝具の素材や種類なんて気にもかけませんでした。
しかし腰痛に悩まされ始めると、どのような寝具が腰に負担をかけないのか気になりますよね。

特にベッドに敷いてあるマットレスは、寝ている身体をダイレクトに支えるものです。
マットレスの良し悪しが腰痛を左右すると言っても過言ではありません。

まずはマットレスの種類を大きく2つのカテゴリーに分けて考えてみましょう。

コイルとノンコイル!マットレスの2大カテゴリーをご紹介

マットレスは大きく分けてコイルマットレスとノンコイルマットレスに分類されます。

コイルマットレスとは、金属もしくは他の素材を使用したバネが入っているマットレスを指します。
バネの素材や形状、並び方が身体への負担を決める為、自分の身体に合ったものを選びましょうね。

ノンコイルマットレスは、その名の通りバネを使用していないマットレスのことです。
素材はウレタンや低反発マイクロビーズ等と様々ですが、基本的には素材の反発力で身体を支えます。
ノンコイルマットレスは素材の反発力で全てが決まってしまいますので、身体に合った素材を選ぶと良いでしょう。

さてコイルマットレスのバネの並び方として、ポケットコイルとボンネルコイルというものがあります。
それぞれのバネの並び方が腰への負担にどう影響するのかご紹介しましょう。

ポケットコイルはボンネルコイルより腰への負担が軽い!

ボンネルコイルと違い、ポケットコイルは腰への負担が軽いのでオススメです。
ポケットコイルマットレスもバネを使用したコイルマットレスの一種ですが、ボンネルコイルと違うのはバネの並び方ですね。

一番の違いは隣合ったバネ同士が連結していないこと。
バネをひとつずつ不織布で作られたポケットで包んでいるので、ポケットコイルという名前が付いています。

バネ同士が連結していないので、反発力は面ではなく点になるので、重みがかかる場所はより沈み込みますよね。
すると、身体の曲線に合わせてバネが沈み込むので、身体全体に重みが均等にかかります。

もちろん寝返りを打っても重みは均等にかかるので、特定部位の筋肉が緊張し続けることもありません。
この為、ポケットコイルマットレスは腰への負担が軽いのですね。

ボンネルコイルが腰痛を悪化させる?

いよいよ本題のボンネルコイルです。
ボンネルコイルのバネは大きくて硬めのバネを相互に連結させて作られています。
バネ同士が連結しているので、ひとつのバネに重みを与えても隣のバネも一緒に引っ張られて沈む性質があります。
この為、バネ全体が大きな面となって、身体の沈み込みを防ぎます。

その結果として、身体の曲線に沿って沈み込むことが無いので、ボンネルコイルマットレスに接している部分に負担がかかります。
ピンポイントで重みを支えながら寝ることになるので、筋肉の緊張と血行不良になってしまい腰痛が悪化するのですね。

特に 首の下、背中の下、膝下、そして足首の下はマットレスに接地しづらいので緊張し続けます。
首の下には枕を入れて対応が出来ますが、その他の部位はマットレスとの間に空間が出来ますよね。

空間が出来て緊張し続けながら寝ることは出来ません。
重力に負けて、身体に元々あった自然な曲線を変形させて寝ることになります。

背骨は真っ直ぐになり、不自然な形状になった背骨を元に戻そうと周囲の筋肉が緊張します。
つまり腰痛を引き起こすということですね。

これがボンネルコイルマットレスが、腰痛持ちの人にオススメ出来ない理由なのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*