未分類

腰痛改善マットレスと一緒に使いたい3つの腰痛改善グッズ

腰痛マットレスと合わせて使いたい!腰痛解消おすすめグッズまとめ

ツラい腰痛を治したい。
しかし腰痛を治すには時間がかかりますよね。

腰痛改善マットレスを使用して寝ることで治まっていくのですが、ずっと寝ていることも出来ません。
生活習慣や体質、普段の癖も腰痛の原因に関係しているので、腰痛改善マットレスだけでの完治も難しいでしょう。

そこで、起きている時間も腰の痛みを軽減させたり、腰痛予防が出来るグッズをご紹介したいと思います。

イスにのせるだけ!ランバーサポートで腰の痛みを軽減

姿勢の悪さは腰痛の原因のひとつと言われています。
デスクワークをメインにしている人達にとっては、長時間パソコンや書類と向かい合っていると姿勢が悪くなる可能性が高まりますよね。
特に集中して作業していると猫背になってしまいます。

猫背になると背骨が歪み、歪んだ背骨を治そうとして筋肉が緊張します。
筋肉が疲れ、腰痛や肩凝りといった症状へと発展するのですね。

そこでデスクワークを主にする人達にオススメなのが、イスにのせるだけのランバーサポート。

太腿から腰周りを包み込み、正しい姿勢を維持してくれる商品です。
正しい姿勢が楽な体勢だということを改めて教えてくれますよ。
長時間デスクワークをする人達には絶対オススメです!

温熱ベルトで腰を温め痛みを軽減!

体が冷えると血行が悪くなり、筋肉も緊張してしまいます。
そんな時に腰の筋肉に瞬間的に力を入れると、筋肉断裂を起こしてしまい腰痛が発症するのですね。

腰は身体の要ですので、腰が冷えると身体全体に悪影響をおよぼします。
そこで腰の体温を下げないために温熱ベルトを使用する方法がありますよ。

腰周辺の体温が上がれば、血流が良くなり疲労物質が流されていきます。
細胞も活性化して柔軟になり、筋肉も柔らかくほぐれて動きやすくなりますよ。
腸にも良い効果が表れるので、便秘や下痢の症状も解決できますね。

抱き枕で腰痛解消?意外な効果とは?

横向きで寝ると背骨が曲がり周辺の筋肉が緊張して、身体を痛めることになります。
しかし、腰痛持ちの人は仰向けで寝ると痛くて眠れない人も多いですよね。

横向きで寝た方が楽な時は、抱き枕を抱いて横向きになると良いですよ。
抱き枕を両足で挟んで抱きかかえて寝るのがオススメ。

寝る時に何かを抱くことは、不安解消になります。
不安な気持ちというのも、腰痛を加速させてしまう一因ですよ。
安心した気持ちで寝る為にも、抱き枕を検討してみるのもいいですね。

腰痛の原因はマットレスじゃない!?自分に合った枕で腰痛改善!

腰が痛いと悩んでいる人が最初に考えるのは、マットレスの種類ではないでしょうか?
自分に合った厚さや硬さ、マットレスの素材情報を集め、試していますよね。

しかし、マットレスだけが腰痛の原因と言えるのでしょうか。
今回は意外と知られていない腰痛の原因をご紹介しようと思います。

意外な原因?枕と腰痛の関係について徹底解説!

枕が合っていないだけで腰痛になるなんて、信じられないですよね。
実はしっかりとした根拠があるのです。
自分の体に合わない背の高い枕を使用していると腰痛になるメカニズムは、姿勢の悪さが影響してきますよ。

腰痛の原因として、猫背がよく取り上げられますね。
猫背の人はアゴが前に出て、通常S字を描いている背骨と首の骨が真っ直ぐになっていきます。
すると腰周辺の骨盤が後傾して全身の骨格そのものがズレていき、腰に大きな負担がかかってしまいます。
これが猫背になると腰痛が起きるメカニズムですね。

自分に合わない背の高い枕を使用していると、常にアゴが前に出ている状態で寝ることになります。
この状態は姿勢が猫背状態の人と同じで、寝ている間に背骨が伸びて常に緊張状態なのですね。
腰周辺の骨盤も後傾し続けているので、眠っているのに疲れてしまいますよ。

朝起きた時に腰が痛い原因として、枕が合わないという事は原因として大いに考えられますよね。
でも昔から「枕を高くして寝られる。」なんて、安心して寝る意味として高い枕は使われてきました。
自分の体に合う範囲であれば問題ありませんが、どのようにして見極めるのでしょうか。

背が高すぎる枕で寝返り打てますか?

背の高い枕が好きな人は、自然に寝返りが打てるかを確認してください。
枕の背が高過ぎると、首の骨が真っ直ぐになって寝返りを打ちにくくなります。

人間は一晩のうちに何度も寝返りを打っています。
寝返りを打つことで、同じ体勢をキープし続けることを防いでいるのですね。
同じ体勢をキープし続けると、筋肉が緊張し血行不良になり腰痛へ発展する可能性は極めて高いのです。

これだけデメリットが並べば、背の低い枕で良いと思いませんか?
背が低すぎる枕もデメリットはあります。

背が低すぎる枕は肩凝りの原因になる?

自分の体に合わない背の低い枕は、首が反り過ぎて首周辺から肩にかけての筋肉で首を支えようとします。
肩凝りの原因は、首周辺から肩にかけての筋肉の緊張です。
寝ている間中ずっと筋肉が緊張しているので、肩凝りがひどくなりますよね。

肩凝りは腰痛の原因になってしまいます。
詳しいメカニズムは、別の記事でご紹介しますね。

背が低い枕だと容易に寝返りが打てるのですが、横向きになった時に首の側面が緊張します。
やはり首周辺と肩にかけての筋肉の緊張が続いてしまうので、背が低すぎる枕も問題がありますね。

枕の高さが自分の体にフィットするかが、腰痛改善のポイントといえるでしょう。
枕の高さだけではありません。
枕の硬さも気にかけてみませんか。

硬すぎる枕は頭が安定しない!

硬すぎる枕を使うと、腰痛に影響すろのです。
硬すぎる枕は頭を置いても沈み込まないので、重い頭を頭の一点で支えることになりますよね。

少しでもバランスがずれると、頭が転がってしまう状態です。
寝ている間に無意識でバランスを取ろうとして、筋肉は緊張し続けます。

筋肉が緊張し続けていると血行を悪くしてしまいますよ。
血行が悪くなることが原因で、腰痛に繋がります。

硬すぎる枕がダメなら、頭が沈み込むフワッフワの枕はどうでしょうか。

柔らかすぎる枕は寝返りが打ちにくい?

柔らかすぎる枕のデメリットは、頭が沈み込んで安定し過ぎてしまうことです。
こうなると、寝返りを打つことも難しくなってしまいますよ。

寝返りを打とうとして、何度も力を入れていると目を覚ましてしまうことも。
寝返りを打つ度に起きていたら、疲れが溜まる一方ですね。

朝の目覚めも最悪になりそうです。

体にフィットする枕で腰痛改善!

いかがでしたか?
一見して腰痛と無関係に見える枕の存在も、実は関連があったのです。

自分の体に合ったマットレスを選ぶことも大事ですが、自分の体に合った枕を選ぶことも重要ですよね。
色々なマットレスを試しても腰痛が改善されない人は、一度違う枕も試してみてはいかがでしょうか。