未分類

腰痛治療には接骨院に行くのが一番いい?その理由と腰の痛みを少なくする方法

腰痛治療で接骨院を選ぶ人も増えています。
治療法が自分と合っていて接骨院に通うことで腰痛が治ったという人も多いのですよ。
一度検討してみる価値はありそうですね。

接骨院の先生「柔道整復師」

接骨院を名乗る為には「柔道整復師」という資格を所持する必要があります。
この柔道整復師という資格は国家資格で、専門学校や大学で専門知識を学び、国家試験に合格する必要がありますよ。

誰でもすぐに取得出来るような簡単な資格ではありません。
それだけ信頼出来る資格とも言えますね。

ちなみに整骨院も接骨院とほぼ同じ内容で、柔道整復師がいないと開業出来ませんよ。
接骨、整骨という字から骨に関連することが専門と思われますが、違います。
柔道整復師は骨折だけでなく、脱臼・捻挫・打撲・挫傷といった怪我の治療を行えますよ。

ギックリ腰のような急性腰痛は捻挫に該当します。
なので、腰痛で接骨院や整骨院にかかることは不思議なことではありません。

ここで間違いやすい事は、整体治療院と、整骨院や接骨院は違いがあるということです。
整骨院や接骨院は柔道整復師が治療する場所ですが、整体治療院を開業するには特に資格が必要ありません。

なので、マッサージが得意なので仕事にしようと開業出来るものが整体治療院ということになりますね。
もちろん、素晴らしい技術を持っている人もいますが、基本的には第三者のお墨付きはありません。

接骨院は保険適用される

接骨院の治療は公的健康保険が適用される為、治療費が抑えられます。

公的健康保険とは、市区町村で運営する国民健康保険、各種厚生事業団体が運営する社会保険の事ですね。
さらに交通事故の治療の際には、自賠責保険も適用されますよ。

整体治療院やカイロプラクティックでは、こうした保険が適用されません。
公的な治療機関として認められていないという事ですね。
やはり柔道整復師という資格の威力は凄まじいです。

ごくまれにカイロプラクティックだが健康保険の適用がされるケースもありますよね。
これも、柔道整復師がカイロプラクティックの治療をしたので保険が適用されているのです。

接骨院と整形外科との違い

当然ですが接骨院は整形外科ではないので、レントゲンによる画像診断、投薬、処方、手術といった医療行為は出来ません。
その為、薬や手術による治療を望む場合は、整形外科へ行かないといけません。

柔道整復師には親身な人が多い

柔道整復師は大抵、スポーツをしてきた人がなります。
スポーツ選手時代に怪我や故障をした時、柔道整復師に治療をしてもらった経験から柔道整復師を目指した人が多いのですね。

なので、多くのスポーツ選手が悩む腰痛にも理解が深いどころか、柔道整復師も昔は腰痛持ちだったという人ばかりです。
その経験から治療だけでなく、腰の痛みを抑える為のアドバイスをしてくれる柔道整復師もいるのですよ。

ただ治療をしてもらうよりも、ツラい腰痛を共感してくれる人に治療してもらった方が良いですよね。