未分類

コルセットは寝る時もして大丈夫?腰痛マットレスを使う上でのメリットとデメリット

腰痛が酷くなっていくことで、急に襲ってくる激しい痛みへの恐怖を感じて過ごすことになります。
立っている時はもちろん、座っている時も寝ている時も、次にする動きで痛くならないかを確認しながら動くことになりますよね。
非常にストレスが溜まります。

そんな時にコルセットをつける事で恐怖を克服することが出来ます。
しかし、そんなコルセットをいつまでも着けたままにしていて良いのでしょうか。

コルセットで腰痛の恐怖を克服する理由とは

コルセットは腰痛改善ベルトと違い、硬い素材で出来ているので身体の動きを制限してくれます。
腰痛が酷くなることで、腰を少し動かしただけでも激しい痛みが襲ってきます。
無意識に動いてしまう事までもを防いでしまう事で、痛みを発生させないようにするのがコルセットの役割ですね。

コルセットは硬い素材で出来ているので、腰を曲げたくても曲がらないくらい動きが制限されるのですよ。
これなら動かそうにも動かないので、痛みが起きる心配も減り、痛みの恐怖を感じることも減るでしょう。

コルセットは筋肉の代わりになってくれるメリットもある

人間は重い物を持つ時に、腕の力だけで持ち上げることは出来ません。
必ず腰の筋肉を使って、荷物の重みを支えています。

しかし腰痛が酷くなると、重い物を持とうとすると激しい痛みが起きてしまい仕事にならなくなります。
これは腰の筋肉が疲労して傷付いているから起きる現象ですよ。
それならば、腰の筋肉の代わりになるものがあれば良いですよね。

腰の筋肉の代わりになるものこそが、コルセットというわけです。
コルセットで腰回りを固定することで、コルセットが自分の体重や重い荷物の荷重を受けることになりますよ。
コルセットが荷重を引き受けるので、傷付いている筋肉を使用することがないので痛みも発生しにくいのです。

コルセットにも様々な種類があり、ハードタイプやソフトタイプ、伸縮するものや硬質性プラスチックで出来ているものまでありますよ。
腰の痛みの種類や、使用する状況や動きに合わせて、一番最適な物を選びましょう。

コルセットを寝る時に使うデメリットとは

痛みの恐怖を克服してくれて、腰の筋肉の代わりに負荷を背負ってくれるコルセットは腰痛の救世主とも言えますね。

しかし寝る時まで着けたままでいるとデメリットもあります。
まず硬い材質のコルセットを着けたまま寝ることで、皮膚がコルセットで擦れて痛くなることですね。
さらに締め付けているので血行不良になってしまい、患部の自然回復を遅らせる結果になってしまいます。

それでも寝ている時の痛みも気になる人はいますよね。
そんな人には、ソフトタイプのコルセットをオススメしますよ。

いくらソフトタイプのコルセットと言えど、急性腰痛による激しい痛みが無くなったら寝る時くらいはコルセットを外しましょう。
皮膚との接触、締め過ぎによる血行不良が原因で、回復が遅れてしまいますよ。