未分類

腰痛の主な原因5選!ストレスは腰痛の大きな原因?

腰痛の原因は主に5つある

腰痛で総合病院に行くと、最初に整形外科での画像診断からおこなわれます。
日本整形外科学会の報告で、腰痛の原因特定が出来ない患者は全体の85%もいると言われているほどです。

レントゲンやCTスキャンといった画像診断でも不具合が見えてこないということです。
これは整形外科が悪いのではなく、腰痛の原因が多くあるからですよ。
もし骨折が原因の腰痛なら、レントゲンに写りますからね。

レントゲンに写らない腰痛の原因としては、筋肉損傷、腱損傷があります。
しかし、もっと見えてこない原因があるのです。
それは心因性、つまり精神的なストレスが原因の腰痛のことですね。

精神的なストレスによる腰痛

精神的なストレスが原因の人は、レントゲンのような画像診断を受けても何も不具合が表れません。
整体治療院のような東洋医療でも原因が分からないでしょう。
それもそのはず、身体には何の不具合もないのですから。

精神的ストレスが原因で腰痛になる人は、過剰なストレスがかかる生活をしています。
例えば、朝昼晩と長時間労働を休み無く働いていたり、人間関係に耐え続けていたりですね。

このような人達は、自分の状況が見えていないのでストレスなんて感じていないと思い込んで
います。
ストレスよりも、仕事をしないといけない、職場の人間関係に耐えなければいけないと強く思っています。
それこそが大きなストレスになっていると周りからはよく見えるのですが。

この状況を打破した時に、今までの何をしても治らなかった腰痛が一瞬で消えてしまうのですね。
この結果から、自分の腰痛はストレスが原因だったと断定出来るわけです。

精神的ストレスが腰痛の原因の場合は、医者が特定することが出来ません。
環境が変わり、ストレスが無くなったと同時に腰痛が無くなった。
この事実から断定するしかないのですね。

しかし、このようにストレスが無くなることで腰痛も治るという事例は多くあるのです。
ということは原因不明の腰痛の人は、かなりの割合で精神的ストレスが原因だとも考えられますね。

もしもあらゆる病院や治療院、治療グッズや体操、薬を頼っても効果が無く、腰痛が治らない場合。
今一度、自分が置かれている状況を客観的に見つめてください。
その腰痛は、精神的ストレスから来ていませんか。

筋肉や腱の損傷による腰痛

腰周りの筋肉や腱を損傷することで、腰痛が引き起こされることもありますね。
過労で筋肉が凝り固まった状態が長く続き、あるタイミングで筋肉断裂を起こした可能性もあります。
いわゆる肉離れという症状ですね。

また、急に大きな負荷をかけることで腱が断裂することもあります。
筋肉はゴムのように伸縮する性質を持っていますが、やはり限界がありますよね。

筋肉や腱の損傷はレントゲンのような画像診断に写ることがありません。
判断の方法としては、熱を持って腫れたりすることが特徴ですよ。

神経の病気による腰痛

神経の病気で腰痛といえば、坐骨神経痛が有名です。

坐骨神経とは、腰の後ろからふくらはぎまで二股に分かれて長く伸びている神経のことですね。
神経を圧迫されるこで痛みを感じるのですが、厄介なのは痛みを感じる部分と圧迫されている部分が違う可能性があることです。

例えば骨盤周りで坐骨神経が圧迫されているのに、痛みを感じるのは太ももの後ろ。
股関節周辺で神経が圧迫されているのに、腰が痛むということもあるのです。

このような神経を圧迫されることで引き起こされる腰痛も多いと言えますよ。

内臓系疾患による腰痛

腰痛といえば、筋肉や骨格に異常があると思うのが普通ですよね。
しかし、内臓系疾患が原因の腰痛も少ないですが確実に存在しています。

胃、十二指腸、すい臓、腎臓、尿管、大腸、子宮、卵巣等といった内臓に炎症が起きていたり、ガンを発症している可能性ですね。
腰が痛いと思い込んでいるだけで、実は腰の近くにある内臓からの痛みということもあるのです。

腰が痛くて治らない人が、健康診断を受けた時に内臓疾患が見つかり、内臓が完治したら腰痛も無くなったというケースもありますよ。
この為、腰痛だからといって他の病気の可能性を自分で捨てることはやめましょう。
医療機関による検査を受けることをオススメします。

腰椎損傷による腰痛

腰椎とは腰の骨のことです。
この腰椎自体が損傷することで痛みを発していることもありますよね。
はく離骨折、疲労骨折、不全骨折、圧迫骨折など骨折をしていれば、もちろん痛みを感じます。

また黄色ブドウ球菌等が骨に感染することで激しい痛みを伴うこともありますよ。
さらにがんが腰椎に転移する場合もあります。

やはり腰痛には様々な原因があることが分かりますね。
医療機関による検査や、整体治療院で筋肉や腱の損傷が無いと判断された場合、精神的ストレスを疑ってみてもいいでしょう。