未分類

腰痛とギックリ腰の違いって何?原因と治療方法とは

いきなりのタイミングで引き起こるのがギックリ腰。
別名「魔女の一撃」と言うだけあって、昔から人々に恐れらてきました。

実はギックリ腰には、なりやすい人となりにくい人がいます。
ギックリ腰になりやすい要素を持っている人は、いつギックリ腰になってもおかしくない状況なのですよ。

ギックリ腰になりやすい人とは?

ギックリ腰になりやすい要素は以下の通りです。

  • 長時間続くデスクワーク
  • 長時間腰に悪い姿勢をし続けている
  •       

  • 過労やオーバーワーク
  • 睡眠不足
  •       

  • 運動不足
  • 栄養不良
  •       

  • ストレス過多

このような生活習慣を続けていると、身体は過酷な負担を強いられ続けてボロボロになっています。
そして最終的に、その人が一番弱い部分に痛みという形で現れてきますよ。

頭が痛くなる人もいれば、胃が痛む人もいます。
腰が弱い人は、腰が痛むということですね。

ギックリ腰になるまでは、痛みが出ないギリギリのラインだったかもしれません。
しかし身体の負担がキャパシティを超えた時にギックリ腰という形で現れます。
以上の要素を持っている人は、ギックリ腰になるリスクが高いと言えますね。

ギックリ腰が発生する危険信号とは?/h3>

ギックリ腰の原因は、筋肉疲労が限界を超えた時です。
よく重たい物を持つとギックリ腰になるイメージがありますが、必ずしもそれだけが原因ではありません。
例えば、お辞儀をして身体を元に戻そうと起こした拍子にギックリ腰になることもあります。

日頃から腰の筋肉に疲労が溜まっていて、腰に小さな痛みが出たり、違和感を感じた時。
もしかしたら腰の筋肉疲労が限界を迎えているのかもしれません。
無理をせず身体を休めることで、ギックリ腰を予防することが出来ますよ。

慢性腰痛が発展してギックリ腰になる

普段から激痛ではないですが、腰が痛いけど日常生活は普通に送ることが出来る人は大勢います。
仕事内容によっては、腰に負担をかけるような体勢での業務をしなければならなかったり、重い物を運ぶ仕事もありますよね。

もしかしたら姿勢の悪さが影響して、脊椎の骨や軟骨がずれてしまい神経に触って痛みが出ているかもしれません。
このように普段から腰痛はあるけど放っておくと、かなり危険と言えますよ。

何気ない動きでギックリ腰になってしまい、日常生活が送れないほどの痛みになる可能性も。
特に痛みが強い日は、危険度が増していると判断して、気を付けましょう。

痛みが強い日はギックリ腰になる可能性が高い

慢性の腰痛持ちの人で、痛みが強い日は筋肉疲労の限界が近くなっています。
重たい物を持たない、急に姿勢を変えない、筋肉をしっかり休ませるといった措置をとりましょう。
時間を見つけてストレッチ体操をして、緊張した筋肉をほぐすことも効果的ですね。

しかし、ギックリ腰は突然起こるものなので確実に予防出来るわけではありません。
慢性腰痛の発展形のギックリ腰の予防も必要ですが、普段から腰の筋肉を酷使しすぎないこと。
筋肉の疲労をしっかりと取る環境作りや、慢性腰痛を治すことが大事ですね。