未分類

保険対象の医療行為なの?針による腰痛治療と腰痛マットレスへの影響

針治療は腰痛治療にひとつ

腰痛を治してくれる医療方法は、整形外科の受診だけではありませんよね。
整体治療やカイロプラクティック、オステオパシーといった様々な治療方法が存在します。
その中でも、かなり昔から存在する治療方法が針治療です。

針治療とは

針治療は東洋医学の一種で、本来人間が持っている自然治癒力を高めることを目的としています。
なぜ針を刺すことで自然治癒力が高まるのでしょうか。

人間の身体は異物が侵入することで異物を排除しようとする力、免疫力を持っていて針を異物に例えているのです。
身体が針を異物として判断し、免疫力を高めて自然治癒力も高まるのですね。

また針治療はツボを刺激するので、自律神経を整える働きも持っています。
交感神経が抑制されることで、リラックスします。
すると凝り固まった筋肉が緩み、血行が改善されて疲労物質が流されて傷付いた筋肉が修復されるのですね。

針治療って痛いの?

針治療で使用する針は、細いステンレス製の針です。
針を刺すと言っても太さ 0.17mmから0.33mmといった超極細サイズ。
髪の毛くらいの太さなので、刺しても痛みを感じることはありません。

痛みは感じないのですが、交感神経が抑止されて副交感神経が優勢になっていきます。
するとリラックスして眠くなり、とても気持ちの良い時間を過ごせますよ。

特に身体に不調が無くても、あのリラックス出来る時間がクセになり通う人もいます。
精神的ストレスを忘れさせてくれるので、心因性が原因の腰痛にも効果アリなのでしょう。

痛みの悪循環を針で断つ

これは腰痛だけではありませんが、慢性的に身体の痛みを持っている人は痛みの悪循環にはまってしまう事が多々あります。
痛みの悪循環とは、痛みが原因で更なる痛みを引き起こしてしまうこと。

腰が痛い事を感じると、脳が緊急事態と判断します。
身体の緊急事態を判断した脳は、交感神経を活発化させ筋肉を緊張させることで、いつでも動ける準備を整えます。
この緊張状態が長続きすることが良くないことなのですよ。

筋肉や神経が緊張することで、血管が収縮して血行不良を引き起こします。
血行不良になると、筋肉の修復がされにくくなるので傷めている筋肉が治りません。
そして傷付いた筋肉が緊張することで痛みを感じてしまい、更に緊張してまた痛む。

筋肉の緊張と痛みが絶え間なく繰り返されることが、痛みの悪循環なのですよ。

この痛みの悪循環を断ち切る為には、針治療による副交感神経の活発化が有効なのです。
副交感神経が活発化することで、筋肉の緊張が緩んでくれますよね。

緊張が解けると血行が良くなり、筋肉の修復が進みます。
そうして筋肉が治っていくと、痛みも治まっていきますよね。

痛みを感じなければ、脳が緊急事態宣言をすることもありません。
身体の筋肉が緊張することも無くなります。
こうなれば痛みの悪循環も無くなったと言えますね。

針治療は保険対象なの?

針治療が保険適用になるためには、条件があります。

ひとつめは保険適用となる傷病であるかということですね。
神経痛、リウマチ、五十肩、頸腕症候群、腰痛症、腰椎捻挫後遺症が対象となります。
腰痛持ちの人は、ひとつめの条件はクリアーしています。

ふたつめの条件として、医師が針治療の施術について同意しているかということです。
これは医師による適当な治療手段が無かったので、針治療の施術を受ける事を医師が認めるかどうかということですね。
つまり、「医師としての自分の治療は全ておこなったけど、治らなかったから針治療を受けても良い。」ということ。
この同意は3ヶ月毎に更新する必要があります。

また他の医療機関との併用も保険適用外となるので注意しましょう。
針治療を受けながら、他の病院で薬や湿布を処方された場合も治療行為となります。
その時点で針治療が保険適用外になってしまうのです。

針治療の領収書は必ず保管をしましょう。
後で協会けんぽに施術費用の一部を請求する為の証明になります。

針治療を保険適用にする為には色々と手続きがありますが、よく確認して不備が無いようにしていきましょうね。