未分類

腰痛とヘルニアの違いって何?原因と手術以外でも改善出来る方法とは

腰痛とヘルニアの違い

腰痛とは、腰が痛む症状の名称のことです。
原因がどうであれ、腰が痛む場合は腰痛になりますね。

対してヘルニアは腰痛の原因のひとつです。
腰部分が痛むなら椎間板ヘルニアが考えられますね。

ヘルニア=椎間板ヘルニアというわけではありません。
ヘルニアという言葉は、体の中の臓器が本来あるべき場所から飛び出してしまった状態のことをいいます。

腹部の内臓が裂け目から飛び出てしまうのを腹壁ヘルニア、おへそが飛び出るデベソのことを臍ヘルニアといいますよ。
椎間板ヘルニアは、背骨の骨と骨の間にある椎間板という緩衝材のようなものが飛び出している状態を指します。

椎間板ヘルニアの症状は?

背骨は頭蓋骨と骨盤をつなぐう骨の集合体で、首の部から26個の骨が積み重なって構成されているものです。
26個の骨は接触することなく、間い柔らかい軟骨「椎間板」を挟んで繋がっていますよ。
椎間板のおかげで骨と骨が擦れることを防ぎ、垂直方向のショックも吸収します。

椎間板ヘルニアは、この椎間板が飛び出て、神経に触れることによって痛みを感じるのですね。
痛みを感じるだけでなく、痺れとして認識する人もいます。

椎間板ヘルニアの対策は?

痛みの除去

まずは椎間板ヘルニアによる激しい痛みを取り除かなければ日常生活を送ることも出来なくなります。
主に神経のブロック注射や鎮痛剤を使用することで、痛みを感じている神経を麻痺させて一時的に痛みを緩和することが可能です。

しかし、あくまで痛みを一時的に緩和するだけです。
椎間板ヘルニアを根本から治療するわけではありません。

レーザー治療

椎間板が飛び出る原因として多いのが、椎間板内部の圧が何らかの原因で高まることで飛び出てしまうことです。
そこでレーザー光線を照射することで椎間板内部に空洞を作り、圧を下げて飛び出すことを防ぎます。
椎間板の内圧が下がれば、飛び出した部分が元に戻り神経圧迫をしなくなりますね。

手術

切開手術または内視鏡手術で、椎間板全体もしくは飛び出している部分のみを取り除く手術を行うことです。

椎間板ヘルニアと同時に便や尿が出にくくなる膀胱直腸障害が引き起こされている。
または筋力低下、激しい痛みが3ヶ月以上もの間続くような重症の場合に手術が検討されます。

しかし手術後の弊害やリスクもあるので、手術をせずに治す温存療法が主流になりつつあるのが現状ですね。

腰痛改善マットレス

当サイトで案内している腰痛改善マットレスを使用した治療方法も椎間板ヘルニアには有効と言えます。
睡眠という人生の約3分の1の時間を費やす行為。
腰痛改善マットレスは、その睡眠中の寝姿勢を整えて腰痛改善をするように設計されています。

たとえ手術でヘルニアが治ったとしても、根本からヘルニアの原因を治したとは言えませんよね。
ヘルニアにならないように予防することと、正しい寝姿勢でヘルニアの負担を少なくする腰痛改善マットレスも非常に有効な治療法と言えます。