未分類

腰痛改善マットレスと併用する漢方薬はどれがいい?腰痛と漢方について

腰痛改善マットレスの効果をアップさせる漢方薬とは

腰痛のため整形外科で診察をしてもらい、レントゲン等の画像診断もおこなってもらったが、原因が特定出来なかった人はとても多いですよね。
その数は腰痛が原因で整形外科を受診した全体の8割から9割とも言われているのです。
整形外科の医師から「お薬を出しておきますので様子を見ましょう。」などと言われた場合は、間違いなく原因が特定出来なかった場合ですね。

とはいっても整形外科の医師を責めるのはお門違いです。
医師は画像診断や触診、問診を頼りに骨折や内臓系疾患の可能性が無い事を示してくれているのです。
しかし整形外科に通っていても治療の効果が感じられないと思うのなら、東洋医学を頼ってみてはどうでしょうか。

東洋医学では、漢方薬を処方します。
漢方薬は薬の力で患部を治す西洋医学の薬とは全く違います。
漢方薬は身体の免疫や機能を向上することで、病気に打ち勝つという目的を持って作られているものなのです。
なので、病気ではない健康体の人が飲んでも問題無く、病気の予防にもなるのですよ。

経絡と腎臓機能を漢方でアップさせて腰痛改善

東洋医学で人間の健康に関連している最たるものが経路というものですね。
経路とは、身体に存在するツボ同士を縦に結んだ線のことです。
東洋医学の基本として、この経路に流れる気血水という要素の流れが良好なら身体全体が健康だと言えます。

そして東洋医学で腰痛は、腎臓と関連があるとされていて、腎臓機能が落ちることで排便排尿が悪くなり腰痛へと繋がるのです。

経絡の流れを良好にする漢方

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)といった漢方は、経路を良好にする、つまり血行を良くしてくれます。
もちろん血行が良くなることで、疲労が取れて新陳代謝も促進されていきますよね。
腰の痛みも和らいでいくことでしょう。

腎臓機能を向上させる漢方

八味地黄丸(はちみじおうがん)や牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)という漢方は、腎機能を向上させてくれます。
また足腰の衰えにも効果があると言われていますよ。
足の痺れや頻尿といった症状にも使用される漢方です。

冷えを改善させる漢方

身体が冷える人は血行が悪い、つまり経路の流れが悪いとされています。
腰痛持ちの人なら、腰痛がさらに悪化してしまうこともあるでしょう。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)や桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅっかんとう)といった漢方を使いましょう。

この漢方は、身体の血流を改善してくれる効果があります。
血流が良くなることで身体が温まり、凝りや疲労が取れて痛みが緩和されますよ。

東洋医学の漢方は前述の通り、直接患部を治すのではなく、身体の免疫や機能を向上させることで身体を治すものです。
したがって、西洋医学の薬のように即効性はありません。

しかし、じっくりとですが身体の内部から改善されていくので、本当の意味で完治させたい人にはオススメですよ。
腰痛改善マットレスの効果も即効性というより、漢方と同じく身体の体質に深く関わる効果があります。

腰痛改善マットレスと漢方薬を併用することで、身体を内側から健康にしていくことが出来るのではないでしょうか。