未分類

身体に合わないマットレスは腰痛の原因になる理由と改善策

腰痛の原因は寝ている時かも?

腰痛は、小さい頃からの慢性的なものだったり、身体を動かした拍子だったり、仕事が肉体労働でなってしまったり、と様々な要因があります。
これらは全て、目が覚めて起きている時の事で考えていますよね。
人は自分の意識がある時に起こったことを原因としてあげることが多いのです。

腰痛の原因は起きている時だけとは限りません。
むしろ就寝中にこそ、腰痛の原因はあるかもしれませんよ。

身体が沈みこむフカフカマットレスの罠

フカフカのマットレスに飛び込むと、全身を包み込まれるようで気持ちが良いですよね。
でも腰痛持ちや腰痛になりやすい人にとっては、単に気持ち良いだけでは済まされないのです。

フカフカのマットレスは柔らかすぎるマットレスなので、身体で一番重たい腰やお尻が大きく沈み込みますよね。
お尻だけが大きく沈み込むということは、身体が猫背の姿勢で固定されるということです。
腰痛に一番悪いのは姿勢の悪さですよ。

特に前かがみになると腰が痛くなる人にとっては、柔らかすぎるフカフカマットレスは相性最悪です。
旅行先のベッドマットレスが柔らかすぎる時は、膝の下に枕などのクッションを入れたり、横向けに寝るといった対応をしないと腰痛が発症する恐れもありますよ。

じゃあ硬いマットレスがいいの?

柔らかすぎなマットレスは腰に悪いから、硬いほうが良い!
そんなことはありません。
腰痛は人によって違います。

柔らかすぎなマットレスで腰痛が起きる人は、前かがみになると腰痛になる人です。
腰痛持ちの人の中には腰を反らすことで痛みが出る人もいますよね。

硬すぎるマットレスを使って腰痛が起きる人は、腰を反らすことで腰痛になる人です。
腰を反らすと痛い人は、柔らかいマットレスのほうが身体には合っていますよ。

硬すぎてお尻が沈み込まないマットレスだと、腰が伸びて反らしている状態になります。
このまま寝続けると、腰が痛くなりますよね。

仰向けに寝た時、腰の下に隙間が出来てしまうようなマットレスは、硬すぎて腰に負担をかけていると言えます。

マットレスも十人十色

柔らかいマットレスと硬いマットレス。
どちらが良いかというと、人によって違います。

それは、人はみな違うからですね。
体重が軽い人もいれば重い人もいます。
体重が同じでも腰のくびれのような体型が違いますね。
寝ている時の好きな体勢も違えば、寝返りを打つ回数も違います。
腰痛持ちの人でも、前かがみが痛む人もいれば、腰を反らすと痛い人もいますよ。

みんな違うので、柔らかいマットレスと硬いマットレスのどちらが良いという答えは出ませんね。
それでも寝ている時の腰痛をなんとかしたいと願うわけです。
そこで腰痛改善マットレスの出番ですね。

腰痛改善マットレスとは?

腰痛改善マットレスは、腰痛持ちの人向けに開発製造されたマットレスのことです。
マットレスの素材も各社で独自に開発していたり、配列や組み合わせで腰痛改善に効果的な商品を目指して作られているのですよ。

例えば高反発マットレスは、体圧分散を上手く出来るような柔らかさと反発力を併せ持っています。
身体の一部分だけに体重がかかり過ぎないように、身体の曲線に合わせてマットレスが沈むように出来ているのですよ。

硬すぎず柔らかすぎずという、曖昧な表現のわがままを研究して開発された腰痛改善マットレス。
製造会社や商品ラインナップによって特徴や使用感が違います。
自分の体重や体型、腰痛の種類に合わせて選びましょう。

もちろん、お店で体験することは非常に重要です。

寝具を変えて腰痛改善

現在の腰痛を治すことを諦めてしまっている人はいませんか?
起きている間の原因は目に見えるので改善しようとしたはずです。

それでも腰痛が治らなかった人は、現在使っている寝具を腰痛改善マットレスに変えてみてはいかふがでしょうか。
1日24時間のうち6時間から8時間もの間、その上で寝ることになる寝具です。
人間の一生涯の3分の1という長い時間を過ごす場所ですよ。

これだけ長時間なので、身体に合っていない寝具だと間違いなく痛みが表れますよね。
腰痛改善マットレスを買うお金を出さないか、腰痛改善マットレスを買って腰の痛みというストレスから解放されるか。

こうやって考えると、腰痛改善マットレスを使用するほうが最終的に豊かになりそうですよね。