未分類

腰痛と肩凝りの関係性とは?姿勢の悪さで痛みが加速

腰痛と肩凝りの関係性とは

腰痛しかない人、肩凝りしかない人、腰痛と肩凝りのどちらも併せ持っている人もいます。

腰痛と肩凝り、一見関係性が無いように思えるかもしれません。
果たして腰痛と肩凝りには何か関係性があるのでしょうか。

姿勢の悪さが原因の腰痛と肩凝り

腰痛だけでもツラいのに肩凝りがプラスされると大変です。
そんな腰痛と肩凝りを併せ持つ人は、デスクワークをしている人に多いですね。
その理由はなぜか?

ずばり、姿勢の悪さです。

長時間のデスクワークは、腰に負担がかかっていきます。
楽な体勢を取ろうとして、気が付けば骨盤を後傾させてしまっていることも多いと思います。
さらにPCのモニターの文字に意識を集中し続けると、顔だけが画面に近付きますよね。
すると猫背の状態になってしまうのです。

腰への負担は、腰の筋肉が疲れて凝り固まる結果になります。
凝りはどんどん身体を上っていき、背中、肩、首の順番に筋肉が凝り固まっていくのです。

悪い姿勢でデスクワークを続けた結果、全身の筋肉が凝り固まるのですね。

運動不足が原因の腰痛と肩凝り

デスクワークをしている人は、運動不足になりやすい傾向があります。
朝から晩まで座りっぱなしでPCの前にいると、運動不足になること間違い無しですね。
意識して身体を動かす必要があります。

運動不足で身体を動かさないでいると、筋肉が凝り固まってしまいます。
筋肉が凝り固まると、血流が悪化して疲労物質が流れにくくなりますよ。
そして、新陳代謝に必要な酸素や栄養も流れにくくなります。

新陳代謝していない古い筋肉が凝り固まるので、腰痛や肩凝りになることは当然ですね。

家に帰っても運動する暇が無いというのなら、通勤途中や仕事中に運動をしてみましょう。
エレベーターやエスカレーターを使わないで階段を移動する。
他部署への連絡を電話やメールではなく歩いて行って伝える等、出来ることはありますよね。

休憩時間に軽い運動をすることで気分転換にもなり、仕事の能率も上がるかもしれません。

痛みの悪循環が原因の腰痛と肩凝り

腰痛には痛みの悪循環が存在します。
腰痛になると、腰の痛みを覚えます。

急に起きる腰痛に恐怖してしまい、筋肉が緊張することになりますよ。
緊張した筋肉は血流が悪化して疲労物質が流れにくく、新陳代謝もされにくいので痛みが酷くなります。

酷くなった痛みに恐怖して、さらに筋肉が緊張する。
緊張して痛みが悪化する…
これが痛みの悪循環です。

この恐怖による筋肉の緊張は、だんだんと背中や肩にまで波及していきます。
腰痛から始まった筋肉の緊張、凝りが肩まで影響していくのですね。

やはり多少の痛みは我慢してでも、身体の凝りを取る為に運動する必要があります。
最近では、腰痛患者に安静を指示しない整形外科の先生も増えてきているのですよ。
絶対安静にするとますます悪化するので、動ける範囲で運動した方が治りも早いと考えられているのですね。

ストレスが原因の腰痛と肩凝り

腰痛の為、整形外科の画像診断検査を受けても8割以上は原因を特定されないと言われています。
腰痛という病気は様々な原因があるのですが、ストレスや精神的圧力が原因となっていることが多いのも事実です。

精神的圧迫を受けることで、人間は消極的な思考に陥っていきます。
すると交感神経や副交感神経が影響を受けて、自律神経のバランスが崩れるのです。
自律神経が悪化することで、痛みを感じる感覚が鋭くなるのですよ。

普段なら気にもしない小さな痛みにも過敏に反応して、腰痛へと発展していくのです。
もちろん腰だけでなく肩や背中、身体全体にストレスの影響は及びます。
腰と肩の両方に痛みが出る人もいるのですね。

気持ちが弱っているうえに、腰が痛いし肩も凝る。
落ち込んでしまって治そうという気力も沸いてこなくなりますね。

しかし原因は何らかのストレスのはずです。
原因になっているストレスを解決することで、腰も肩も痛みが無くなり、気力が沸いてくるでしょう。

歯医者で治療することで腰痛と肩凝りが治る?

歯医者で腰痛や肩凝りが治療なんて、あまりにも関係性が無さ過ぎだと思いましたよね。
しかし、夜中に歯ぎしりをすることがストレスが原因の肩凝りに関係している場合もあるのです。

仕事が過酷だったり、人間関係に悩んだり、ストレスが多いと睡眠中にも安心出来ずに歯ぎしりとしか表面化する人もいるのです。
夜中の歯ぎしりは本人が気付かないので、家族に教えてもらって判明するケースがほとんどですね。

また、日中に歯をくいしばって生活していると、夜中になっても歯をくいしばることが止められません。
このように大きな力で歯をくいしばるということは、筋肉が硬直していくということ。
歯をくいしばることで肩の筋肉も凝り固まってしまい、肩凝りへと発展するのですね。

肩の筋肉の緊張が腰に影響したり、夜の眠りが浅いので疲れが取れずに腰が痛くなることもあります。

そこで歯医者に行って、マウスピースを作ってもらうことで歯ぎしり対策をすることが出来ますよ。
歯医者では患者の口の中の型を取って、専用のマウスピースを作ります。

もちろん、マウスピースで歯ぎしりを緩和出来たとしても、根本のストレスの原因を解消しないと解決
にはなりません。

腰痛と肩凝りは互いに痛みや凝りを発生させる原因になりえる関係性ということが見えてきましたね。