未分類

腰痛と股関節の関係って?マットレスの効果を上げる為に知っておくこと

股関節は身体の中心に位置する重要な間接のことです。
足と胴体を繋ぎ、歩く時に前後左右のバランスを取っているのも股関節なのですよ。

この股関節は身体全体の歪みの影響を受ける場所です。
身体の左右のバランスが崩れてしまうと、股関節を歪ませて身体のバランスを取ろうとします。
身体の前後のバランスが崩れて猫背になっている時も、骨盤や股関節が歪むことで負担を吸収しようとします。

このように股関節が身体の歪みをカバーし続けているので、股関節に疲労が溜まり腰痛と意識することがあるのです。

腰痛と股関節の関係性は?

股関節の太もも側には寛骨臼というくぼみがあって、大腿骨の上にある丸い部分がはまり込んでいます。
足が動く時にはこの関節部分が動くのですが、骨同士が擦れないように接合部には滑りを良くする軟骨が挟まっています。

この軟骨が磨り減ってしまうことで、大腿骨と骨盤の骨が直接擦れてしまい、激しい痛みを伴います。
本当は股関節と大腿骨の接合部が痛むのですが、骨盤には腰の神経が通っているので、腰が痛いと脳が誤認することがあるのですね。

骨盤の軟骨が磨り減る以外にも、骨盤自体が先天性の不具合を持っている可能性もあります。
身体の中心に位置する大事な部位である骨盤に不具合があると、腰の筋肉の疲労が蓄積されて腰痛へと発展しますよ。

立ち仕事と股関節の関係性は?

やはり立ち仕事をしていると、股関節への負担は増えることになります。
重い物を持たなくても、自分の体重を支えるだけで股関節には負担があるのですね。

姿勢が良くて左右全く同じバランスだと負担は減りますが、身体のバランスが崩れている時は左右どちらかに負担が偏ります。
真っ直ぐ立った状態でいられる仕事ならば、姿勢を正しく保てるかもしれません。

しかし、美容師や介護士といった職業は、無理な体勢をとったり腰に力を入れる場面が多くなります。
仕事柄、同じような動きを繰り返すことが多いので、身体のバランスが崩れやすいのですね。

このように股関節に負担がかかることで、腰痛になります。
また腰痛になることで、股関節にも負担がかかる相互関係があるのですよ。