Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/codata2012.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

腰痛には高反発マットレスが良いと言われる理由と使い方

朝起きた時の腰痛に悩まされる人で、低反発マットレスでは効果が無かったり、腰痛が悪化した人に耳寄りな情報ですよ。
腰痛持ちの人には低反発マットレスより、高反発マットレスがオススメ。
その理由と効果的な使用方法をご紹介しましょう。

高反発マットレスは腰痛改善のマストアイテム!

高反発マットレスが腰痛改善に良い理由は、寝ている間に正しい姿勢を維持しやすいことにあります。
そもそも腰痛の原因は姿勢の悪さが大きく影響しています。

特にS字曲線を描く背骨が真っ直ぐになってしまう「猫背」の状態は、腰の筋肉に大きな
負担をかけます。
重量のある腰が大きく沈み込む低反発マットレス等は、寝ている間ずっと猫背になってしまうようなもの。
長い睡眠時に腰に負担のかかる体勢を続けていると、腰痛は悪化するばかりです。

起きている間は、姿勢に気を付ける事は可能ですよね。
しかし無意識である睡眠時は、姿勢に気を付けようがありません。

高反発マットレスを使用した場合、適度な硬さがある為に寝ている時も正しい姿勢を保ちやすくなりますよ。
適度な硬さであって、身体が沈まないわけではありません。
ある程度は身体が沈むので、地面と身体の間に隙間が出来ないのです。
この為、身体全体で体重を支えるようになるので一部分に負荷がかかることを防ぎますよ。

身体は沈み込みますが、反発力は高いので寝返りを打ちやすいのも腰痛改善に良いポイントですね。
人間は寝返りを打つことで、寝ている時の接地面との圧迫で血行不良になることを自然に防いでいます。
反発力の小さなマットレスだと、寝返りを上手く打つことが出来ないのですよ。

フワフワの砂浜では、力が入らなくて上手く歩くことが出来ないのと同じ。
人間がスムーズに動く為には、ある程度の固さがある地面が必要なのです。

高反発マットレスでは、スムーズに寝返りを打つことが出来る硬さ。
ある程度、身体を沈み込ませてマットレスと身体の接地面を大きくする柔らかさを兼ね備えています。

これが腰痛持ちの人に高反発マットレスをオススメする理由ですね。

姿勢が腰痛を引き起こす仕組み

人間の体重と地球の重力を支えている私達の身体。
正しい姿勢ならば、自分の体重も重力も支えられる構造です。
しかし、姿勢が悪くなると身体を支える構造に不具合が起きて、身体を痛めることになりますよ。

良い姿勢とは、本来人間が力を抜いて楽な姿勢であったはずです。
よく頭の頂上から糸で吊られている感じが、良い姿勢と言われますよね。
その時も身体に力は入れない状態です。

では、なぜ姿勢が悪くなるのでしょうか。
その理由は長時間同じ姿勢をとり続けることで、疲労した筋肉をかばう為に悪い姿勢になるのです。

重いカバンを毎日右肩にかけて出掛けるとしましょう。
毎日右肩だけ重いカバンを支えていると、その状態に慣れるように身体のバランスが変わります。
身体のバランスが変わると右肩は重いカバンに対応しますが、身体の別部位が右肩をかばうように緊張し続けますね。
筋肉が緊張し続けると、同時に血行が悪くなってしまいます。

腰が大きく沈む柔らかすぎるマットレスを使用すると、寝ながら猫背状態が続くことになります。
猫背状態が続いても背骨が変形するのではなく、背骨の関節部分がズレていきますよ。
このズレで神経が圧迫されて痛みを感じることになります。

一箇所の関節がズレても、身体全体でその部位をかばうので、崩れたバランスによる痛みは身体全体に波及します。
肩の関節がズレても結果的には腰の筋肉まで傷めたりすることもありますよ。

これが、姿勢が悪いと腰痛を引き起こす理由ですね。

腰痛改善に良い高反発マットレスの効果的な使用方法

せっかくの腰痛改善に良い高反発マットレスなので、正しい方法で効果的に使用したいですよね。

まず間違った使用方法として、高反発マットレスを綿布団の下に敷いて使用することは止めましょう。
高反発マットレスの全身に体重を分散する効果が意味を成さなくなってしまいます。
必ず高反発マットレスは単体で使用するようにしてください。
とはいえ薄手のシーツなら、高反発マットレスの効果を阻害しないので敷いても大丈夫ですよ。

また高反発マットレスの素材には、夜の寝汗を吸って昼間に放出して乾燥する機能が備わっているものが多いです。
しかし、その機能も限界がありますよ。

特に通気性の無いフローリングに直で敷いていると、マットレスの下が湿気を放出できずにカビが発生することも。
すのこのような通気性の良いものの上で使用したり、定期的に干して乾燥させるなどのお手入れは必要です。

高反発マットレスはお値段も安くないですし、大事に長く使えるようにしたいですよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*