未分類

腰痛改善に効果的なクッションの選び方と腰痛マットレスへの影響

椅子を変えられない!そんな時はクッション

腰痛持ちが多い職種のデスクワーク。
腰痛を改善したり予防する為にも、腰への負担が少ない椅子を使用することが望ましいでしょう。
しかし、会社で決められた椅子を使わないといけない場合もあるので難しいですよね。

そんな時は、椅子の上にクッションを載せて対応してみるのはどうでしょうか。
クッションにも腰や体重を上手く支えるように工夫されているものがあります。
今回は腰痛改善や予防に効果的なクッションをご紹介しましょう。

ランバーロール

椅子に座った時、背もたれ部分と腰の間に隙間が出来ませんか。
この隙間があると、長時間座ることで腰が下がり骨盤が後傾してしまい、腰を悪くしてしまうのです。

そこで、この隙間を埋めるクッションがランバーロール。
少し良い椅子ならば、背もたれと腰の間の隙間が出来る部分にランバーサポートというクッションが着いている椅子もありますよ。
出来れば、ランバーサポート付きの椅子が望ましいですね。

しかし、椅子が変えられないならばランバーロールのようなクッションを隙間に埋めて使うことで、腰への負担を減らすことが出来ますよ。
ランバーロールを椅子に縫い付けて使用している人もいます。

骨盤クッション

骨盤クッションは、座布団タイプのクッションですが、両脇が高くなっているのでお尻の重心が自然と真ん中に寄ってくるものです。
座面が前傾しているため、骨盤が後傾しません。
背骨もまっすぐな状態を保つことが出来ますよ。

空気で調節する骨盤クッションも販売されています。
これはボタンを押すことでクッションの中の空気を出し入れ出来るものです。
自分の身体の体型や体重に合わせて空気圧を座った状態で調節出来るのが嬉しいですね。

トレーニングクッション

トレーニングクッションは座面を微妙に前傾させてくれるクッションです。
お尻や太ももが前傾した座面につくことで、骨盤が立ち姿勢が良くなりますよ。
フカフカのクッションではないので座り心地は良くありませんが、自然と腹筋に力が入ります。
インナーマッスルを鍛えるので、自分の筋肉で姿勢を良くするトレーニングとして有効ですよ。

骨盤型くり抜きクッション

骨盤の骨がジャストフィットするような型抜きされたクッションです。
材質は硬いものが多く、骨盤をしっかりと安定させてくれますよ。
このクッションに座ることで、自然と骨盤が立ち姿勢が良くなります。

これらのクッションは新しく椅子を買うよりも安価なものが多いですよ。
家具屋等で試してみてから、自分に合うものを選びましょう。