未分類

腰の右側だけが痛い!原因と対策・治療方法は?

腰痛は左右同じように痛むはずですが、なぜか右側だけが痛む時があります。
今回は右側の腰痛の原因と対策、治療方法をご紹介しましょう。

坐骨神経痛は片側だけ痛むことが多い

坐骨神経とは、腰の辺りから足先まである長い神経のことです。
腰の辺りで脊椎から二股に分かれて出てくる坐骨神経。
そのまま骨盤の穴を抜けて膝下まで、長さは1mにも及びますよ。

さて、この坐骨神経ですが、脊椎から二股に分かれて出てくる辺りが圧迫されることが多いのです。
坐骨神経が圧迫されると、腰の左右どちらかに痛みや痺れが表れることがありますよ。
その為、片側の腰だけが痛い場合の原因は坐骨神経痛の可能性もあります。

腎臓が悪くて右側だけ腰痛になる

右側だけ腰が痛い場合で、原因が筋肉や神経圧迫によるものでなければ内臓疾患の可能性もあります。
内臓疾患が原因での腰痛は、内臓疾患がかなり重篤化している場合も多いですね。

まず腎臓の病気の可能性からご紹介しましょう。

右側だけ腰が痛い場合、遊走腎という腎臓の病気である可能性があります。

遊走腎とは、腎臓の位置が通常状態よりも10cm程度下がってしまう症状です。
身体を横にした時に痛みが軽くなる場合は、この病気を疑ってみましょう。

遊走腎の発生原因は、腎筋膜が弱いために起こります。
腹筋や背筋を鍛えたり、コルセットで内臓下垂を防ぐ方法がありますよ。

また、太っている人は遊走腎になりにくく、痩せ過ぎの人は遊走腎になりやすい傾向があります。
太る必要はありませんが、痩せ過ぎの人は多少の脂肪を付けたほうがいいかもしれませんね。

肝臓が悪くて右側だけ腰痛になる

右側の腰だけが痛い場合、次に肝臓の病気の可能性をご紹介します。
肝臓は胃の右側にあり、表から見たら右の乳頭とおへその中間位に位置していますね。

肝臓の病気では、肝脂肪、肝炎、肝硬変、肝臓ガンなどが考えられます。

脂質の多い食事を続けると中性脂肪が肝臓に溜まっていきますよね。
すると肝脂肪になり、ここから様々な肝臓の病気にも派生していきますよ。

お酒が好きな人はアルコールを過剰摂取すると、肝硬変や肝臓ガンのリスクが高まります。
毎日お酒を飲んでいる人は休肝日を設けたり、量を調整するようにしましょう。

子宮や卵巣が悪くて右側だけ腰痛になる

内臓疾患で、女性限定の病気も存在します。
右側だけ腰が痛い女性は、子宮内膜症や子宮ガンいった婦人科系の病気も考えられますよ。
子宮内膜症が子宮の右側に発生すると、 右腰の痛みとして感じる場合があるのですね。

さらに子宮だけでなく、卵巣にも内膜症が発生する可能性もあります。
卵巣は左右2つ存在していて、子宮の上から左右に卵管が伸びた先に卵巣が一つずつありますね。
卵巣内膜症が起きるチョコレート嚢胞という病気になり、この嚢胞が右の卵巣にできれば右腰の痛みとして感じることもあります。

右利きのために右側だけ腰痛になる

右腰だけ腰痛になる原因は内臓疾患だけではありません。
利き手や利き足が原因で右側だけの腰痛が引き起こされることもあるのです。

手足が右利きの人は無意識のうちに右手や右足を多様しています。
すると筋肉疲労も右側だけに偏り、右側だけの腰痛が引き起こされる可能性もありますよ。

無意識のうちにおこなっているので自分では気付きにくいですが、以下のような癖があると注意です。

  • 足を組むとき同じ足ばかり組む。
  • 車の運転で、窓側に身体をもたれながら運転する。
  • ショルダーバッグを右肩にばかり掛ける。
  • 食卓とテレビの関係で右側を向いて長時間過ごす。

このような生活習慣があると、右側だけの腰痛が引き起こされる可能性は高くなりますね。

あなたの右側だけ腰痛の原因!内臓系か筋肉系か

右側だけの腰痛の原因が、内臓系か筋肉系かによって重症度が全く違います。
筋肉系の場合は、生活習慣によって引き起こされているので、癖に気が付き矯正していけば治っていくでしょう。

しかし厄介なのは内臓系からの右側だけ腰痛。
内臓疾患が右側の腰痛として表面化した時には、かなり重篤化していることが多いのです。
自分の右側だけ腰痛が内臓系疾患が原因なのかは、医療機関で検査してもらいましょう。
内臓に問題が無ければ、ひとまず安心出来ますよね。

さて右側だけ腰痛の原因が、内臓系か筋肉系かを簡単に判断する方法がありますよ。
これからご紹介する方法は簡易な確認にしかならないので、医療機関での検査をオススメします。

姿勢を変えた時に痛みが消えたり、楽になったりする場合。
これは筋肉系や神経系からくる腰痛の可能性が高いと言えます。

反対に姿勢を変えても痛みが変わらなかったり、ある時間になっても痛みがあまり変化しない場合。
これは内臓系疾患が原因の可能性が高いと言えますよ。
すぐに医療機関での検査をオススメします。