未分類

腰に負担の少ない寝方は仰向け・うつ伏せ・横向きのどれ?

腰に負担の少ない寝方とは?

睡眠は一日の1/3から1/4もの時間を費やしている行為です。
これだけ長時間かける行為ですので、寝方によって腰痛が引き起こる可能性も高いと言えますよね。
一体、どのような寝方が腰に最も負担が少ないのか検証していきましょう。

うつ伏せ寝と腰痛の関係

実はうつ伏せで寝ることは腰痛の原因になりやすいと言われています。
昔からずっとうつ伏せで寝ている人も多いと思います。
腰痛持ちの人が寝る時に、腰が痛くない体勢を探していたらうつ伏せの状態が痛くなかった場合もありますよね。
それでもなぜうつ伏せが腰に負担なのでしょうか。

その理由は、身体の中でも腰部分は重たいので腰が反り過ぎてしまうためです。
横から見ると腰を前に突き出している状態になっています。
これでは、腰の筋肉が引っ張られて緊張するので、凝り固まって疲れてしまいますよね。

うつ伏せで寝る場合は、片方の足を曲げて横に出して寝ると腰の反り過ぎを防ぐことができます。
しかし問題は腰の反りだけではありません。

うつ伏せで寝る場合は顔を左右どちらかにねじることになります。
顔が当たる場所が空いている寝具なら別ですが、枕やマットレスに顔を埋もれさせると息が出来ません。
なので、身体は下を向いているのに顔は左右のどちらかにねじる必要があるのですよ。

すると首がねじれた状態を長時間続けることになります。
首や肩の筋肉が疲れてしまい、最悪寝違えて首が痛いまま起きることになりますよ。

横向き寝と腰痛の関係

横向きは比較的腰への負担は軽いと言えます。
しかし、両足を揃えて寝ると、地面に接している方の腰に負担がかかり過ぎてしまいます。

地面に接していない方の膝を曲げて、足先を地面に付けましょう。
膝を曲げる角度を調節することで身体の傾きも変わっていくので、自分が一番楽な角度を見つけてください。

横向きで寝る時は、常に一定方向を向いて寝ることは避けましょう。
今日は左向き、明日は右向きというように交互に寝ると身体にかかる負荷も分散されていきます。

仰向き寝と腰痛の関係

一番自然な体勢なので、最も腰への負担が少ないと言われているのが仰向きです。
ただし、首の下に隙間が出来てしまい、そのまま寝ると筋肉で支え続けることになるので、首が痛くなり肩も凝ります。

普通は枕を首の下に入れて使いますよね。
枕は、首や肩が凝らないように支えてくれるものです。

また腰の下や膝の下も同様に隙間が出来てしまいますよ。
こちらもクッションや枕を入れることで、腰の筋肉の緊張を解いてあげることが出来ます。

寝返りしない寝方と腰痛の関係

寝返りを打つと、寝相が悪いと思っていませんか。
実は夜中寝ている最中に寝返りで動き回ることは、行儀が悪いのではなく良い睡眠の証です。

寝返りとはそもそも、身体の一箇所だけが地面に接して圧迫されることを防ぐ防衛本能です。
寝返りを打たないと、血行が悪くなって筋肉が凝り固まり疲れが取れずに、結果として腰痛になってしまいますよ。

ということは寝返りを打って、寝る体勢を次々に変えることが腰痛改善や予防に最適ということです。
仰向き・うつ伏せ・横向きのどれが腰に良いかという前に、寝返りが大事ということですね。
なにしろ、仰向けで寝ていても寝返りによって、うつ伏せにも横向きにもなるのですから。

当サイトで紹介している腰痛改善マットレスは、寝返りが打ちやすいことが大前提です。
寝返りが打ちやすいマットレスは、ある程度の硬さがないといけません。

それにひきかえ、寝返りが打ちにくい寝具は柔らか過ぎることですね。
特に低反発ウレタンフォームマットレスは寝返りが打ちにくく、腰への負担が大きいのです。

ただしマットレスだけが自分に合った硬さのものであっても寝返りが打ちやすくなるわけではありませんよ。
枕もまた、寝返りの打ちやすさに影響する寝具のひとつです。
枕が柔らか過ぎたり、高過ぎたりすると首が思い通りに回らないので、身体が回ろうとしても首がついていかずに寝返りが打ちにくくなりますね。

睡眠時間と腰痛の関係

睡眠とは、一日の疲れを取る行為です。
筋肉も一日の生活を通して繊維が切れたり疲労物質が溜まって凝り固まっているのです。

睡眠を通して、切れた筋繊維の修復をしたり、疲労物質を取り払う必要があります。
また新陳代謝の効果で古い細胞が流され、新しい細胞が作られます。
睡眠は身体をリフレッシュさせる大事な時間なのですよ。

しかし、その睡眠時間自体が短いと身体の修復が完全に行われないのですね。
身体が傷付いた状態で次の日も激しい仕事をこなし、また充分に休息を取れないまま仕事に向かう。

そんなことを続けていると、身体はやがて限界を超えてしまいます。
今までは細い筋繊維が切れる程度だったのが、筋肉自体が断裂してしまい激痛が襲います。

動けないほどの痛みなうえに仕事も休まないといけなくなりますよね。
睡眠はとても大事な行為です。
折角なので、質の良い睡眠を取ると効果的ですよ。

では質の良い睡眠とはどういうものでしょうか?

リラックスして寝ることと腰痛の関係

質の良い睡眠とは、ずばりリラックスして眠ることです。

リラックスするとは、身体の緊張が解けた状態のことです。
緊張が解けることで、血行が良くなり疲労物質も流れやすくなり、新陳代謝も活発になります。

眠る前に激しい運動をすると、身体が興奮してしまい熟睡出来なくなります。
頭を使い過ぎると、身体は寝ているのに頭が覚醒している状態になり、やはり疲れがとれません。

リラックスするには、寝る前から準備をしないといけませんよ。
温かいお風呂にゆっくり浸かり、風呂上りにストレッチ体操など良いでしょう。
ベッドの上でもしばらく何も考えずにボーッとすることもリラックスを促します。
人によっては音楽を聴いたり、温かい飲み物を飲むこともリラックス出来る行為ですね。

今回は腰に負担の少ない寝方をご紹介しました。
結果としては、寝方よりも寝返りが打てるかが重要なポイントでしたね。
また充分な睡眠時間と、リラックスして睡眠することも大事です。

これらを意識することで、腰痛を改善、予防することが出来るかもしれませんね。