未分類

腰が痛い!病院は何科を受診すればいいのか整体師が解説

腰が痛い時は何科を受診するの?

腰の痛みが酷くてどうしようもならない時、病院に行きたいと思いますよね。
しかしそもそも腰痛の診療は、何科を受診すれば良いのか迷いませんか。

今回は、腰痛の時にどの医者に診てもらうべきかを解説していきます。

まずはかかりつけの医者に相談しよう

何かあると昔から行っている「かかりつけ医」に相談するのが先決です。
腰痛の専門医でなくても、自分の身体を自分以上に解ってくれている「かかりつけ医」。

腰の筋肉疲労が原因なのか、腰を打ちつけたり骨や神経に異常があるのか。
それとも内臓系からの腰痛なのかと、原因も一緒に考えてくれます。

もし原因が簡単なものなら、直接かかりつけ医が薬の処方や治療を施してくれますよ。
症状が重くて、専門医に診てもらわないといけない場合でも、専門医を紹介してくれます。
医者同士のネットワークを駆使してくれるので、自分で探すよりも格段に楽で確実ですよ。

親身になってくれる腕の良い「かかりつけ医」を、是非とも見つけておくべきですね。

総合病院なら初めに整形外科へ行くことになる

大きな総合病院にかかる場合、総合受付に行って腰痛の症状があると話すと大抵は整形外科を受診するよう言われます。
整形外科で原因を究明してから、必要な診療科へ行くように指示されるのですね。

整形外科では、いつから始まったか痛みか、痛みの感じ方やどの辺りが痛いかといった問診から始まります。
次に触診やレントゲン等の画像診断をおこないますね。

触診で筋肉の張りが確認され他の検査が問題無ければ、引き続き整形外科で治療が行われますよ。
椎間板ヘルニアの場合だと、レントゲンに写るので治療は引き続き整形外科で行われていきます。

問診、触診、画像診断と同時に血液検査もすることが一般的ですね。
腰が痛いのに血液検査なんて意味あるの?と思うかもしれません。
しかし、腰痛の原因は内臓系の病気からも引き起こされていることがあるのです。

血液検査で異常な数値が出て、触診と画像診断で問題無ければ内科的疾患の可能性があります。
各数値の異常により、考えられる病気によって受診する科を指示されますよ。
十二指腸潰瘍の疑いがあれば消化器内科、尿路結石の疑いがあれば泌尿器科、子宮内膜症や子宮がんの疑いがあれば婦人科というように指示してくれます。

さて、触診、画像診断、血液検査といった一連の診断で、何も異常が見られない場合もあります。
実は腰痛は心理的要因からも引き起こされることが分かっているのですよ。

問診の時に医者は、話の内容だけでなく会話の最中の一挙手一投足を診ています。
他の検査で異常が無く、会話中の動向が怪しい場合は心理的原因も疑われますよ。
この場合、精神科や心療内科に行くよう指示されます。

内臓疾患や心理的原因による腰痛は、そこまで多くありません。
大体は整形外科で治療を行い、必要に応じて併設のリハビリや療法士による治療が並行して行われることが多いですね。

また、整形外科でも腰痛専門の病院というのも存在します。
近所にあればラッキーですが、多少遠くにある病院でも専門医に診てもらうということも、選択肢のひとつですね。