未分類

寝ている時の腰痛!原因と対策について整体師が解説

寝ている時の腰痛の原因と対策

よくある腰痛は朝、目が覚めた時に腰が痛いというのが多いですよね。
しかし夜中に腰の痛みで目が覚めてしまう症状がある人もいます。

夜にしっかり寝ることが出来ないと、昼間の生活でも疲れてしまいます。
夜も腰痛で起きてしまって寝られなくて疲れてしまう。
これではいつになったら疲れがとれるのか分かりません。

今回は寝ている時の腰痛の原因と対策についてご紹介しようと思います。

夜の腰痛の原因は寝ている姿勢

みなさんは夜寝る時にどのような体勢で寝ますか。
仰向けに寝たり、横向きに寝たり、うつ伏せや丸まって寝る人もいますよね。
自分の寝る姿勢が腰への負担になっているケースが、夜の腰痛の原因とも言えますよ。

例えば、うつ伏せで寝ていると重たい腰部分は沈みますよね。
しかし膝が邪魔をするので、足は沈みません。
すると、腰を反らした状態で眠り続けることになるのです。
腰を反らし続けることは、腰への負担がかなり大きいですよ。

もし習慣になってしまっている寝る時の姿勢が、身体に負担をかけているのならば、改善する必要があります。

腰痛やヘルニア持ちの人は睡眠時にさらに悪化する可能性もある

腰痛やヘルニア持ちの人は、寝ることに苦労しています。
横になるだけで痛みが出てきて、もう寝るどころじゃない人も少なくありません。

長時間の立ち仕事やデスクワークのような、同じ姿勢をずっと取り続けないといけない仕事の人に腰痛持ちは多いです。
仕事で仕方が無いとはいえ昼間に凝り固まった筋肉は、夜寝る時になっても弛緩しません。

そして痛みが始まり、痛みで眠れない、眠れないと疲れが溜まる。
疲れが溜まると思考能力も低下するので、仕事中に筋肉をほぐすような軽い運動もせず黙々と仕事を続けてしまいますよ。
そして、腰が痛むという悪循環が続いてしまうことになります。

ちなみに腰痛の場合は筋肉の凝りや血行不良からくるので、特にどんな体勢でも痛みは起きます。
ヘルニア持ちの人は、飛び出た椎間板に神経を圧迫されて痛むので、特定の姿勢の時に痛むことが多いのですよ。

痛みが無い姿勢をとって寝ているのですが、この痛まないポイントを探すのも一苦労ですよね。
しかも夜中に無意識で寝返りを打った時に痛みが出てしまい、目が覚めて眠れなくなったら最悪です。

妊婦の人や出産後にも腰痛に気を付けましょう

妊娠したお母さんは、産まれてくる我が子を楽しみに待っていますが、同時に腰の痛みも発生する確率が高いのです。
妊娠している時に腰痛を発生する確率が高いのは、赤ちゃんの体重が増えてくることにより身体の重心が傾くため。

出産間近になると赤ちゃんの体重は3kgから4kgにもありますよね。
それが身体の前方に常にあるわけですから、バランスをとるため腰を反らした姿勢になるのです。
すると腰の関節が反って圧迫されて痛くなるのですよ。

さらに出産に向けてお母さんの身体は自然と準備を始めるのです。
赤ちゃんの為に骨盤を緩め、関節が緩む成分も分泌させて靭帯も緩ませるのですよ。
骨盤が緩むと筋肉で身体を支えようとするので、筋肉が緊張して腰が痛くなるのです。

夜に痛む腰の対策として、モットンのマットレスがオススメ

寝る姿勢が悪い人、仕事で長時間同じ姿勢、妊娠のための腰痛。
様々な原因がありますが、夜の腰痛を抑えてぐっすり寝たいですよね。

腰痛改善マットレスを使い、寝ている間の腰痛を抑えることが出来るかもしれませんよ。
そこでオススメしたいのが、モットンのマットレス。

モットンは高反発ウレタンフォーム素材を使ったマットレスです。
高反発と言うだけあって反発力がとても強く、モットンのマットレスにボールを落とすと、とても大きく跳ね返りますよ。

反発力が高いということは寝返りが打ちやすいということです。
寝返りを打つのにも筋肉を使うので、寝返りを打ちやすくするだけで寝ている間の疲れは溜まりません。

モットンの高反発ウレタンフォーム素材は体圧分散効果が高いので、寝た時の姿勢で痛みが出るヘルニアでも、負荷が腰に集中しないので痛みが出にくいですよ。
モットンを使い始めてから、夜中に目が覚めるかもという気持ちが薄れていったという感想をよく聞きます。
気持ちが前向きになれば、疲れの取れやすさも倍増しますね。

体圧分散効果は妊娠中のお母さんの普段より重くなった体重を、腰だけに集中させずに分散してくれます。
身体全体で体重を支えたら、赤ちゃんの分も抱えているお母さんの身体も楽になりますよ。

腰痛が無くなれば日常生活も輝きます

腰痛持ちやヘルニアの人、妊娠中のお母さんは普通の人以上に荷を負った状態です。
ツラい状況が続いて心が折れそうになることだってありますよね。

ツラい時にしっかり寝て休むことが出来たら、まだまだ頑張ることが出来ます。
夜の腰痛を無くすことは日常生活をより楽しくするものですよね。

夜の腰痛を仕方無いと諦めてしまわずに、原因を探り対策を取ってみてはいかがでしょうか。