未分類

腰痛を手術で治す?どういう時に手術すると良いのか

腰痛に手術は効果的なの?気になる費用と効果は

腰痛になったら即手術をしたほうが楽だと思いますか?
本当に手術が必要な腰痛なのでしょうか。
実は腰痛の原因によって、手術の必要が無いものもあります。

筋肉疲労の末に筋肉が断裂して起きた腰痛の場合、安静にしていることで筋肉は超回復により修復されていきますよね。
生活習慣や過労による腰痛ならば、生活習慣を改善したり、働き方を変える工夫で治すことが出来ます。

ストレス等の心因性が原因の腰痛に対して、手術をしても良くなるわけがありません。
心因性が原因ならば、カウンセリングや自分の考え方を変えることが必要になりますね。

それでは腰痛の手術は必要無いのでしょうか?

そんなことはありませんよ。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症が原因の腰痛であれば、手術という選択肢も選ぶ必要性はあるかもしれません。
他にも股関節や腰椎の変形も手術することが多いですね。

手術で腰痛が全て治るわけではない

腰痛の手術も原因次第では選択することも出来ますが、手術したら根本から治るわけではありませんよ。
人によっては、手術をしても痛みが無くならない人もいれば、手術しないでリハビリなどの温存療法で治る人もいます。

手術をした結果、神経損傷や感染症などの後遺症で逆に不自由になってしまうリスクも否定できません。
椎間板の隙間が狭くて神経が触ってしまう脊柱管狭窄症では、骨を削って隙間を広げる手術を行なうことがあります。
その手術で神経を損傷してしまうと筋力低下、感覚障害、排尿障害、排便障害になる可能性もありますよ。

腰痛手術の手法も変わりつつある

医学も日々進歩しているので、手術の手法も改善され続けています。
これまでの手術は、皮膚を大きく切開する手術が主流でしたが、現在では切開を小さくして身体への負担を軽くする方法が開発されていますよ。

顕微鏡を使った顕微鏡手術だと、患部を拡大して見ながら細かいオペをすることが可能になります。
傷も小さくてすむので、身体への負担も小さくて済みますね。

また内視鏡手術なら、鉛筆と同じくらいの細さの内視鏡を入れて手術をします。
レントゲン映像で中の様子を確認しながら細い管を差し込み、飛び出しているヘルニアを吸い出す手法ですね。
これなら皮膚を切開することもありません。
レーザー照射で椎間板内部に働きかけることで、皮膚を切らない腰痛手術も増えていますよ。

このように手術も進歩していますが、新しい技術にはやはりコストもかかることを忘れないでおきましょう。
治療費が割高になってしまう手術が本当に必要なのかの判断が重要になってきますね。

手術で腰痛が治ったとしても、同じ日常生活を続けるうちに再発することも大いに考えられます。
いきなり手術をしてしまうよりも、生活環境を改善することも大事ですね。

腰痛改善マットレスなどで、腰痛になる原因を取り払うことから始めてみるのも良いでしょう。