未分類

腰痛改善にピラティスを始めよう!効果を整体師が解説

腰痛だからといって安静にしているだけでは何も改善しませんよね。
身体に無理のない範囲で運動をおこなうことが腰痛改善に良いと言われています。

そのひとつがピラティスですね。

ピラティスって何?

ピラティスは、ドイツ人従軍看護師のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスという人が開発したエクササイズのことです。
名前の由来は開発者の名前から来ているのですね。

ピラティスの特徴としては、身体を正しく動かすことで、身体本来の能力をいかに発揮するかということが基本とされています。
身体を激しく動かさずに意識を集中して、ゆっくりとした動作でおこなうので健康状態に不安があっても安全に出来ますよ。
身体と心のコントロールをしておこなう動作は、健康体操の太極拳に似ている部分もありますね。

ピラティスの3大要素

ピラティスの3大要素として「呼吸」「身体意識」「姿勢」の3つが挙げられます。

呼吸

ピラティスの最中は、常に正しい呼吸法を意識しておこないます。
正しい呼吸をおこなうことで、酸素を体の隅々にまで行き渡らせますよ。

慣れてくるとピラティスの最中だけでなく、日常生活においても正しい呼吸法が身に着きます。
正しい呼吸法を覚えると集中力もアップし、疲労も溜まりにくくなりますよ。

身体意識

ピラティスは身体を動かしながら意識を身体全体に集中させます。
自分の身体の動きに意識を向けることで、無意識のうちに歪んだ筋肉を修正していくのです。

また身体が楽に動く方法を感じ取ることで、無駄な力を入れずに大きな力を出せるようになりますよ。

姿勢

姿勢を正すことで筋肉の可動域が広がり、柔軟性や持久力もアップします。
もちろん、良い姿勢とは無駄な力がかかっていない自然体の状態なので、身体全体の筋肉がほぐれてくれますね。

ピラティスが腰痛改善に向いている理由

先に挙げた3大要素からも、ピラティスは腰痛改善に向いている体操です。

正しい呼吸法で酸素を身体全体に行き渡らせて、疲労した腰周辺の筋肉も回復させます。
身体意識を高めることで、身体に無理な負荷がかかっている状態をすぐに判別することが出来ますね。
さらに正しい姿勢を持続出来れば、筋肉が緊張することもありません。

ピラティスはストレス解消にもなる

ピラティスは、激しい運動をおこないません。
深く大きな呼吸を繰り返しながら、落ち着いた環境でおこなうものです。

身体はもちろん心までもリラックス出来ますよ。
身体も心もリラックスすることで、普段の生活にも余裕が生まれますね。

腰痛が治らないというネガティブな感情も薄れていくので、ストレス解消にはピッタリです。

ピラティスでインナーマッスルを鍛える

ピラティスは、ゆっくりとした動きで身体意識をしながらおこなうものです。
この運動で鍛えられるインナーマッスルは腰痛改善やダイエットにも効果的ですよ。

インナーマッスルは身体の内側の筋肉のことで、日常生活での基本的な姿勢がよくなる効果があります。
筋肉のコルセットのようなものですね。

姿勢が良くなることで、骨格の負担や神経圧迫も軽減されます。

身体の筋肉量が増えることで基礎代謝も向上し、ダイエット効果も上がりますね。

腰痛は未だに完全なる原因が判明されていませんが、その予防策・改善策としてピラティスを取り入れることはオススメですよ。