未分類

腰痛が酷い時にロキソニンを飲めば痛みが安らぐの?

一般的な消炎鎮痛剤のロキソニン

腰痛で整形外科に行くと、痛み止めとして処方される一般的な消炎鎮痛剤のロキソニンという薬です。
有名なのは湿布薬ですね。
湿布薬のような貼り薬だけでなく、飲み薬も処方されることがあります。

痛み止めの理屈は、身体の中の細胞が以上を感じて放出されるアラキドン酸と酸素が結合して出来るプロスタグランジン。
プロスタグランジンは脳へ痛みを伝達する物質ですが、ロキソニンはこのプロスタグランジンを作らせない役割を果たすのです。
これが、ロキソニンが痛み止めである理屈ですよ。

ロキソニンの怖い副作用とは

一般的な薬として処方されているロキソニンですが、厚生労働省がこのロキソニンに関して注意喚起を発表していることをご存知ですか。
なんとロキソニンの副作用として、小腸や大腸の潰瘍が起こり、狭窄や閉塞が起きるというものです。

どのような薬でも副作用はあるのですが、重大な副作用ともいえるロキソニンの副作用。
長く腰痛が続いていて、ロキソニンの愛用者となっている人は特に注意が必要と言えます。
ロキソニンは手軽に使用することが可能なので、常用する危険性が高い薬ですよ。

痛み止めにも弊害がある

つらい腰の痛みをおさえてくれる痛み止め。
その痛み止め自体に弊害があることを覚えておきましょう。

痛みというのは、身体が発する警告です。
これ以上無理をすると身体が壊れてしまうというサインなのですよ。
それを止めてしまうということは、身体の限界が分からなくなるということです。

過酷な労働を無理して働いていた人が、歯の痛みをロキソニンで抑えていた話があります。
ロキソニンの鎮痛効果が効き過ぎて歯の痛みも感じないうえ、過酷な労働による腰への痛みも感じなくなりました。
そのまま痛みが無いと思い仕事を続けていると、ある日動けなくなり再起不能寸前まで陥ったのです。

もし痛みを感じていれば、腰が痛いから休もうと思っていたでしょう。
痛みを感じなくなっていた為に身体の限界を超えてしまったのです。

この他にも、痛みを感じると身体も異常だと判別するので患部を治そうとします。
ロキソニンの強い鎮痛効果で痛みを感じなくなると自然治癒の力も働かなくなるのですよ。

炎症が起きていても痛みがないので治らない。
痛み止めの効果が切れたらまた服用し、さらに無理を続けて自然治癒もしないので悪化する。
このような悪循環が起きる可能性もありますよね。

ロキソニンのような効果が高い薬は、危険も高いということを覚えておきましょう。