未分類

腰痛になりやすい4つの職業ってどんな仕事?腰痛改善マットレスをおすすめする理由について

仕事内容によって身体に不具合が起きることを職業病と言いますよね。
腰痛になりやすい職業もあります。
今回はそんな職業病が腰痛になりやすい職種をご紹介しましょう。

保育士

保育士のイメージは、子供達の面倒を見る優しい人ですよね。
パワフルより、おしとやかでホワホワしたイメージが強いと思います。

しかし実際は違います。
保育士の仕事は朝から重労働が続きます。
体力や筋力が無いと務まらない、激務なのですよ。

朝は子供が来園して来ますが、親と離れたくない子供を引き離すのも保育士の仕事です。
引き離しても走って親を追いかける子供達。
親が見えなくなるまで、十数人の子供達を止めなければいけません。

お昼寝で寝ない子供を寝かしつけていたら、別の子供がトイレと言って起きてきます。
結局、園内を走り回ることになる保育士。
これは腰痛になるのも無理はありません。

子供達を見守る聖母のような保育士達は、人知れず重労働をこなしているのですね。

美容師

オシャレで華やかな憧れの職業に定番ランキングする美容師。
しかし、カットやシャンプー等の作業をする時には、キツい姿勢を維持しないといけません。
お客さんは座って寝る人もいるので、美容師さんが体勢を変えながら作業するのです。

ハサミやドライヤーなんて軽いから腰痛にはならないだろうというイメージが強いですが、やはり無理な体勢が腰痛を引き起こします。
オシャレで華やかな裏には、腰痛を耐え忍ぶ精神があるのですね。

看護師

看護師の仕事もかなりの重労働です。
入院患者への検温や看護では、立ったりしゃがんだり、患者を担ぐことだってあります。

また命を預かる仕事なので、24時間気を抜くことが出来ません。
深夜勤務だって当たり前のようにこなします。
日勤と夜勤を交代していくシフトが多いので、身体も酷使されて疲れが取れにくいのです。
人の命がかかっている現場ですので、精神的ストレスも多いですね。

腰痛になる原因が勢ぞろいしている状態です。
それでも命を守る為に、まさに身を削りながら仕事をしているのが看護師なのですね。

客室乗務員(キャビンアテンダント)

飛行機の中で、乗客へのサービスを行う客室乗務員。
キャビンアテンダント、またはCAとも言われ、人気の高い職業のひとつです。

しかし、その仕事内容は過酷の一言に尽きます。
客室乗務員の三大職業病として、腰痛、膀胱炎、不眠症があります。

食事を客席に運ぶカートの重量はなんと80kg。
狭い機内で、揺れることもある飛行機の中で乗客や座席にぶつけないように歩きます。
全身に力を入れ続けておかないと、カートが勝手に動いてしまいますよね。
筋肉の凝りは想像以上のものでしょう。

頭上にある荷物入れへの手荷物を入れる補助、扉が閉まっているかの確認をするのでまたまた全身に力を入れる必要があります。
このように肉体的にも大変な職業ではありますね。

それ以上にストレスも多い職業です。
無理難題を言う乗客への対応を終えると、疲れが一気に襲います。
それでも目的地に着くまでは気を抜けません。

トイレに行く事も難しいので膀胱炎になりがちですし、この過大なストレスの為に不眠症にもなるのですね。

人気の職業の裏側

腰痛になりやすい4つの職業は、どれも子供達が将来の夢として挙げる人気の職業でした。
華やかでカッコいい職業ですが、現実はどれも大変な仕事をしています。
それでも、この職業の人達は誇りを持って仕事をしていますよ。

そんな人達の職業病を少しでも改善してもらいたい。
そこで、腰痛改善マットレスをオススメしたいと思います。

どの職業も腰痛改善の為に生活習慣を見直そうとしても、仕事内容が腰痛を引き起こしている可能性が高いので難しいですよね。
でも人は必ず眠る時間があります。
起きている時に腰をケアすることが困難であれば、せめて寝ている時だけでもケアをしてほしい。

素晴らしい職業についている人達の腰が、少しでも楽になればと思います。