未分類

市販で買える腰の痛みに効く即効性の薬とは?選び方や効力を整体師が解説

腰痛治療では、腰痛改善マットレスの使用やストレッチ体操、整形外科や整体治療院などがあります。
しかし昼間に本当に痛い時などで、何か飲むだけで痛みが抑えられる薬は無いのかと思いますよね。

今回ご紹介する薬は、あくまで私が腰の痛みを和らげる時に服用している前提でご紹介します。
薬の服用には個人差や副作用もありますので、必ず薬剤師に確認をしてから服用するようにしてください。

腰の痛みを和らげる飲む鎮痛剤とは?

タブレット錠として飲める鎮痛剤はドラッグストアで販売されています。
アルミノプロフェンといった炎症を鎮める成分を配合したものは、腰痛だけでなく関節痛や肩凝りにも使用できますよ。
腰痛に処方される薬は湿布のような貼り薬が多いですが、飲み薬ならば仕事中や外出先でも服用出来るメリットがありますね。

鎮痛剤は要指導医薬品として販売されているものもありますので、普通のドラッグストアや薬店で購入出来ます。
要指導医薬品は第1類医薬品の中でも危険性の高い医薬品のことで、薬剤師が書面によって説明して販売する必要がある薬のことですね。
もちろん薬剤師がいるお店でしか購入出来ないので、インターネット販売では購入出来ません。

効き目が強い飲み薬なので、胃腸を痛める可能性も少なからずあります。
薬剤師のアドバイスを受けて、危険性の少ない薬を選びましょう。

要指導医薬品ではない第2類医薬品の鎮痛剤もあり、こちらの販売には規制があまりありません。
副作用も少なく、一般的な風邪薬感覚で飲めるような薬です。

どちらにしても鎮痛剤は、脳が痛みを感じなくさせるだけの薬です。
決して腰痛が治る薬ではないことを覚えておきましょう。
どうしても痛みを抑えてやらないといけない事がある時だけ服用して、腰痛そのものを治す取り組みはしっかりおこなうべきです。

慢性的に腰痛がある人が、常に鎮痛剤を使用し続けると副作用が非常に心配になりますよ。
ギックリ腰のような突発的な痛みをその時だけ抑える為に服用するのは良いですが、常に飲み続けるのはやめましょう。

漢方薬で腰痛に効くものもあるの?

東洋医学の薬「漢方薬」は、病気を治すというよりかは、身体全体の調子を整える特徴があります。
西洋医学の薬が「局所的な痛みを和らげる」「胃や腸の消化を助ける」という身体の各部位だけに働きかける性質とは正反対ですね。

漢方薬はその性質上、飲み続けることで副作用が出ることはありません。
むしろ健康な状態でも服用することで、病気を予防する効果を持つものがほとんどです。

漢方薬でも腰痛に効く薬はありますよ。
腰痛が酷くなる原因として、腰の筋肉疲労や血流が悪くなっているかが多いです。
そこで疲労回復や血流促進の漢方薬を処方して服用することが腰痛改善、予防に繋がるというわけですね。

例えば「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」という漢方薬は、筋肉や骨に栄養分を与えて、さらに代謝を良くし血流を促す作用があります。
漢方の考え方は、腰痛を含めて慢性的な痛みは筋肉や骨の栄養分の不足と血流の悪化が原因とされているのですね。

この漢方薬を飲めば腰痛がみるみる改善されるわけではありませんが、身体に良い影響をもたらす可能性は高いですよね。