未分類

冷湿布VS温湿布!腰痛は腰を温めるのと冷やすのどっちが効果的?

冷湿布と温湿布、腰痛にはどちらを使えば効果的?

腰痛への一般的な対策は消炎鎮痛剤を貼る、つまりは「湿布薬」です。
ところがドラッグストアに湿布薬を買いに行った時に悩むことがありますよね。
冷湿布と温湿布があるのです。

これは好みで選んでよいものなのか。
何か意味があるのだろうか。

今回は冷湿布と温湿布の効果と使用に関してご紹介しましょう。

急性腰痛と慢性腰痛で使う湿布が違う

冷湿布と温湿布は、急性腰痛か慢性腰痛なのかで使い分けます。
冷湿布は、急性腰痛の時に使います。
温湿布は、慢性腰痛の時に使いましょう。

その理由も併せてご紹介していきます。

急性腰痛は冷湿布で冷やすべし

普段腰痛など無いのに突然痛くなることが急性腰痛です。
有名な病名だとギックリ腰ですね。
急に運動をした後に起きる筋肉痛や、捻って患部が腫れる捻挫も同じく急性ですよ。

このような急性腰痛は、筋肉が炎症を起こしています。
患部が熱くなり晴れていることもあるので、冷湿布で冷やしてあげましょう。

患部が熱を持って腫れている時は、温めると逆効果になりますよ。
お風呂に入ったり、血行を良くするお酒も控えましょう。

とはいえ、冷湿布では患部を冷やすという効果はあまり期待出来ません。
スーッとする感覚はメントール成分によるもので、冷えているわけではありませんのでご注意ください。
それよりも炎症を鎮める消炎鎮痛剤の効果が大事と言えますね。

慢性腰痛は温湿布で温めるべし

長年に渡って腰痛が絶えないという慢性腰痛の場合は、患部を温める必要があります。
急性腰痛と違い、患部が熱を帯びて腫れていないことが多いからですね。

どちらかと言えば、慢性腰痛の原因は筋肉の凝りが多い傾向にあります。
凝りをほぐす為には、患部を温めることが有効なので慢性腰痛には温湿布を使うべきなのですね。

温められた筋肉は、血行も良くなり疲労物質が流れやすくなります。
さらに新陳代謝も促進されるので、新しい筋肉細胞が作られていきますよ。

慢性腰痛は温めると良いので、もちろんお風呂で温めることも有効ですね。
ゆっくり浸かって身体の芯まで温めると効果的です。
お風呂上りにストレッチ体操をすることも慢性腰痛改善に効果がありますよ。

実は温湿布を貼ったとしても温める効果はあまり期待出来ません。
なので寝る時や外出時も寒くないように衣服や寝具で調節しましょう。

温湿布は、カプサイシンと呼ばれる成分が含有されているので、血管拡張効果が期待出来るのです。
当然、消炎鎮痛剤も含まれているので、痛みも軽減してくれますよ。

このように冷湿布と温湿布は、自分の腰痛の種類に合わせて使い分ける必要があります。