Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/codata2012.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

腰痛マットレスの効果をアップさせる!?簡単にできるストレッチの方法

自分に合った腰痛改善マットレスに出会えることが出来た。
としてもすぐに腰痛が改善されることはありません。
痛みは和らいできていますが、相変わらず腰痛に苦しめられますよね。

今回ご紹介する腰痛解消ストレッチは、腰痛の原因を元から取り去るものではありません。
しかし腰の痛みを少しでも軽く出来れば、普段の生活も楽になりますよね。
それでは早速、腰痛解消ストレッチの方法をご紹介しましょう。

腰痛解消ストレッチの種類と効果について

腰の痛みを軽減するストレッチの場所は3つあります。
お尻、太腿の前、太腿の後ろですね。
それぞれの具体的な方法と効果を詳しく解説していきましょう。

お尻のストレッチで腰痛改善!

お尻の筋肉は腰と直結しているので、腰の筋肉をほぐす為にはお尻の筋肉をほぐすことが重要になります。
お尻は長時間イスに座ったりしていると、血行が悪くなり神経が圧迫されやすい場所。
腰だけでなく身体全体の不調に繋がる場所なので、常に筋肉をほぐしておくことが大切です。

お尻の筋肉のほぐし方、ストレッチの方法ですが

  • 1.足を伸ばして床に座ります。
  • 2.片方の膝を曲げて立てます。
  • 3.もう片方の足の上に立てた足をクロスさせます。
  • 4.立てた膝を手で引き寄せるとお尻の筋肉が伸びます。
  • 5.反対側の足も同様におこないましょう。

ストレッチ全般に言えることですが、伸ばしている筋肉を意識してください。
何も考えずにストレッチするより効果が高くなります。

それと伸ばす強さですが、痛みを感じる直前で止めることが大切ですよ。
ストレッチで痛みを感じるまで力を入れてしまうと、筋肉はほぐれるどころか逆に緊張してしまうので意味がありません。
「痛気持ち良い」状態がベストなので、くれぐれも力を入れ過ぎないようにしましょうね。

太腿の前を伸ばすストレッチ

太腿の前の筋肉が緊張していることで、腰の筋肉も引っ張られてしまいます。
関係無い部位と思わずに、腰周辺の筋肉は全てほぐしていくと腰の痛みは軽減されますよ。

太腿の前の筋肉のストレッチ方法は

  • 1.足を伸ばして床に座ります。
  • 2.片方の足だけ正座するように曲げて座りましょう。
  • 3.ゆっくりと上体を地面に倒していくと、太腿の前の筋肉が伸びていきます。
  • 4.反対側の足も同様におこないましょう。

勢い良く上体を倒すと、筋肉を損傷する可能性もあります。
上体を倒す時は無理をせず、手を付いてゆっくりと倒していきましょう。
背中が地面に着く必要はありません。

「痛気持ち良い」角度で止めるようにしてくださいね。

太腿の後ろを伸ばすストレッチ

太腿の後ろはお尻と繋がっているので、腰への影響力も大きい部位です。
ハムストリングという名称でも有名な部位ですね。

太腿の後ろの筋肉のストレッチ方法は

  • 1.足を伸ばして床に座ります。
  • 2.片方の足をあぐらをかくように曲げましょう。
  • 3.伸ばした足と同じ側の手で、伸ばした足先を触るようにすると太腿の後ろが伸びます。
  • 4.反対側の足も同様におこないましょう。

足先を手で触れなくても問題ありません。
それよりも太腿の後ろがしっかりほぐれることが重要です。

絶対に無理しない程度の力で伸ばしましょう。

腰痛解消ストレッチはいつやると効果的?

ストレッチを効果的にするには、筋肉がほぐれて身体が温まっている必要があります。
1日のうちで一番条件に該当する時間帯は、お風呂上りすぐの時間ですね。

身体が冷えていたり緊張している筋肉を無理矢理伸ばそうとすると、筋肉を損傷する危険性がありますよ。

お風呂上りのリラックスして、温まっている時が一番筋肉を損傷する危険が少ないです。
ストレッチは一箇所につき30秒から1分ほど伸ばした状態でキープしてくださいね。
反動をつけずに、ゆっくりと伸ばすことが大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*