Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/choko/codata2012.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

低反発と高反発マットレスの違いはなに?腰痛にはどっちが良いの?

腰痛改善の為に新素材を使用したマットレスが開発され続けていますよね。
バネが入ったコイルマットレスと別に、バネの入っていないノンコイルマットレスなら素材が効果に直結します。
今回はノンコイルマットレスの中でも、低反発と高反発マットレスの違いをご紹介しましょう。

低反発と高反発の違いとは?

低反発マットレスも高反発マットレスも基本的にウレタン素材が多く使用されています。
このウレタン素材の密度や厚みを変えることで、反発力や身体への感じ方が変わるのですね。

まずはウレタン素材の密度の違いから比較してみましょう。

低反発と高反発マットレスの密度の違い

マットレスのウレタン素材密度は、「kg/m3」で表されます。
1m四方の立方体に重さ(kg)がどれくらいかを表していますね。

高反発マットレスは30kg/m3~40kg/m3という密度に対し、低反発マットレスの密度は40kg/m3~60kg/m3という高密度となっています。

密度が低いと、ウレタン素材の中身がスカスカだということ。
密度はマットレスの耐久性と直結しているので、密度が小さいマットレスは形状が変化しやすいのです。

重たい身体を支えているマットレスのウレタン素材が、ぺちゃんこになって戻らなくなると固い床に寝ているのと同じですよね。
一般的に密度が低いマットレスは値段が安いのですが、ウレタンがすぐにへたって使えなくなるものが多いです。
ひどい物では、折り曲げて運送しただけで形が元に戻らなくなる物もあります。

また、密度が大きいからといっても、ウレタン以外の素材を混ぜて密度を底上げしている粗悪な商品もありますよ。
第3者機関が密度や素材を証明しているような商品ならば安心ですね。

低反発と高反発マットレスの硬さの違い

マットレスの硬さは、「ニュートン」または「N」で表されます。
質量を表す単位ですが、分かりやすく言うと数値が低いと柔らかく、数値が高いと硬いものです。

60ニュートンを下回るマットレスは低反発マットレスに分類し、柔らかめです。
低反発マットレスの代表的なブランドのトゥルースリーパーは40ニュートン。

100ニュートンを超えるマットレスは高反発マットレスに分類し、硬めですね。
高反発マットレスの代表的なブランドのモットンは140ニュートン。
マニフレックスモデルEXⅡは170ニュートンでした。

マットレスの厚みも重要な要素

マットレスの厚みは、「cm」で表わされます。
普段から目にする馴染みのある単位ですね。

いくら高性能なマットレスであっても厚さ1cm程度ならば、沈み込んで地面に付いてしまいます。
すると、固い床で寝ている時と同じになってしまうのでマットレスの意味がありません。
身体の沈み込みがあまりない高反発マットレスですら、厚さ5cm以上はないとマットレスの意味を持ちませんよ。

しかし、マットレスの厚みが増すということは材料費もかかってしまいますよね。
厚みがあると値段も上がるということは覚えておきましょう。

低反発マットレスは腰痛改善には向いていない

低反発マットレスは柔らかく、身体が沈み込む特徴があります。
柔らかな素材に包まれ身体が沈み込んで安定するので、腰への負担も軽そうに思えますよね。

柔らかいので身体が大きく沈み込む低反発マットレスは、厚さ10cmあっても地面に身体がつきそうな程に沈み込む物もあります。
身体が地面につくとマットレスの意味を成さないので、腰に負担がかかります。

さらに寝返りを打つことが難しく、身体の血行が悪くなる可能性が高いのですね。
寝返りを打つことが出来ないと、身体の一部分が圧迫され続けます。
血行不良を引き起こし、腰痛へと繋がってしまうのですよ。

また、身体の重心がある腰周辺がマットレスに一番大きく沈み込む為、自動的に猫背状態になります。
猫背状態では自然状態で曲線を描いている背骨が真っ直ぐになりますね。
背骨周辺の筋肉が、真っ直ぐの背骨を元の曲線に戻そうと引っ張ることになります。
寝ている間に筋肉が休まらないので、朝起きた時に腰が痛くなるのですよ。

腰の為には、柔らかすぎない硬めのマットレスの方が良いと言えますね。

最終的に低反発と高反発マットレスはどっちがいい?

低反発マットレスの柔らかい素材は心身をリラックスさせますが、腰への負担は大きいです。
高反発マットレスは腰痛改善には良いですが、柔らかい素材ではないのでフワフワを希望する人には物足りないですよね。
低反発マットレスと高反発マットレス、どちらも一長一短でどちらが良いか悪いかは判断できません。

しかし腰痛改善効果という1点においては、高反発マットレスに軍配があがるでしょう。
低反発マットレスより後になって高反発マットレスが普及した背景は、腰痛との関連が大きいのですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*