未分類

テニスボールで腰痛改善?腰痛マットレスと併用したい簡単腰痛ケア方法をご紹介

指圧とは不思議なもので、人体にあるツボを押すことで身体の不調を治療するものです。
まさに東洋医学の真骨頂とも言えますね。

しかし、指圧をするにはマッサージをしてもらわないといけません。
特に背中や腰は自分の指で押すことはかなり困難です。

実はそんな困難な背中や腰のツボ押しをお金をかけずに一人で出来る方法があります。
それはテニスボールを使うことです。

テニスボールによる指圧で腰痛改善!

最近では100円均一のお店にも売られているテニスボール。
まずはテニスボールを2個用意しましょう。

次にふたつのテニスボールをガムテープ等で合体して固定しましょう。
網や靴下に入れて、キツく結んでもOKですよ。

さて、テニスボールふたつがくっついて団子のようになっていますよね。
これで準備完了ですよ。

それでは硬い床の上に仰向けで寝転びましょう。
腰の下にテニスボールを入れて、体重をかけることで自分で指圧が出来るのです。
テニスボールの大きさと硬さがちょうど良い刺激になって気持ち良いですよ。

テニスボール指圧のメリット

この方法のメリットは、力加減を自分自身の体重のかけ具合で調節出来るということです。
どれだけマッサージがうまい人でも、人によってのちょうど良い力加減までは分かりません。
その日によって力加減の良さも変わってきますからね。

ちなみに押す力加減ですが、あまり痛くなるまで押してはいけません。
気持ち良いと痛くなる中間程度の痛気持ち良い状態がベスト。

他のボールでも出来る!

テニスボールでないとダメということはありません。
テニスボール以外のボールでも、この方法は使えます。

ただしボールの直径が小さくなることで、身体に触れる面積が狭くなり、刺激が強くなります。
またボール自体が硬いと、刺激が強くなるので痛くなりますよね。
例えばゴルフボール等はテニスボールよりも直径が小さく硬いので、かなり刺激が強く痛いかもしれません。

しかし、テニスボールでの指圧が効かないのであれば、ゴルフボールも有効でしょう。
また野球ボールやソフトボールも良いかもしれませんね。

テニスボールでは痛過ぎるという人は、ゴムボールや軟式のテニスボールを使用すると良いですよ。

ボールによる腰痛ケアは一人で出来る

これらのボールを使った腰痛ケアは、他人に頼まなくてもいつでも自分で出来ることですね。
夜中だろうが早朝だろうが、ボール2個で自分の気の済むまで指圧出来ます。

腰以外にもお尻や背中、足裏にもツボがたくさんあるのでオススメですよ。

テニスボール2個から出来るセルフ指圧を試してみてはいかがでしょうか。