未分類

快眠をゲット!腰痛改善マットレス以外に出来る事3選

腰痛マットレスを持っていない人へ!ちょっとした工夫で睡眠時の腰の痛みを防ごう!

腰が痛くて眠れない。
眠れないと疲れが取れない。
疲れが取れないと筋肉が休まらず、腰痛が悪化。

これが腰痛の悪循環ですよね。
腰痛はすぐに治るものではありませんが、とにかく夜はしっかり眠れるようにしたいです。

そこで腰痛改善マットレスを使用すると、比較的に快適に眠ることが出来ますよ。
ですが、腰痛改善マットレスはそこそこのお値段がします。
購入するまでの間、なんとかして快適に寝ることは出来ないのでしょうか。

そこで今回は、ちょっとした工夫で腰痛持ちでも快適に寝ることが出来る方法をご紹介します!

其の一 自分が楽に感じる姿勢を探そう!

まずは寝る時の姿勢を工夫することです。
一番痛くなくて、身体が楽だと感じる姿勢を探してみましょう。

この一番良い姿勢は、人によって違うので断言することは出来ません。
なぜなら人によって腰痛の原因も痛み方も違いますし、性別や体重、使っている寝具も様々です。

もしどのような体勢をとっても痛みがある場合は、道具を使ってみることも良いでしょう。
仰向けに寝る時は膝の下にクッションを入れると、腰が伸びきらないので筋肉の緊張が緩み、痛みにくくなりますよ。
横向きに寝る時は抱きまくらを両足に挟んで寝てみるのも効果的です。

其の二 柔らかい寝具を使用しない

腰が痛いからといって、フワフワの柔らかい寝具が腰への負担が無いと思っていませんか?
しかし、柔らか過ぎる寝具は重たい腰部分が大きく沈み込み、寝ている姿勢が猫背の状態になってしまいます。
猫背になると、背骨が真っ直ぐになるので、自然なS字に戻そうと筋肉が緊張して、腰が痛くなりますよ。

さらに寝返りも打てないので、同じ面が圧迫され続けて血流が悪くなります。
血流が悪くなることで腰痛も加速してしまいますよ。
高反発素材のマットレスなどを使用することを検討してみてはいかがでしょうか。

其の三 就寝前、起床後にストレッチ体操をする

夜、寝る前にストレッチ体操をしてから寝ることも効果的ですよ。
腰痛の原因として多いことは、筋肉の緊張です。
筋肉をほぐしてあげると、筋肉の間に溜まった乳酸などの疲労物質も流されてスッキリしますよ。

気を付けてほしいのは、身体が冷えている時にいきなりストレッチをしないこと。
一番良いのはお風呂でしっかりと温まってからがベストです。
反動をつけずに息を吐きながらゆっくりとストレッチをしましょう。
急に伸ばそうとすると筋繊維を傷付けることになりますよ。

寝る前にストレッチ体操をすることで緊張がほぐれて、自律神経も緩和していきます。
リラックスした状態で寝ることが出来るので、快眠を得られるようになりますよ。

朝起きた時にいきなり起き上がるのではなく、温まった布団の中でストレッチ体操を行うことも良いですね。
いきなり起き上がるとギックリ腰になる可能性もあります。
ゆっくりとストレッチ体操をして、身体の血流を良くしてから起きると朝から万全の状態になれますね。

腰痛はすぐに治るものではないのですが、慌てずにやれる事をやっていきましょう。
腰痛改善マットレスを購入してからは、其の一と其の二は改善されますが、ストレッチ体操は続けるべきです。
腰痛改善マットレスの効果もアップしますよ。

ちょっとした工夫で、腰痛改善マットレスを手に入れるまでの間も、腰の痛みを和らげることが出来ます。
諦めずに試してみてはいかがでしょうか。